昔はバイトするならフロム・エー
近年はバイト探しはタウンワークだったわけですが、時代は変わってきたような気がします。


CMは特に短いから
インパクト勝負

お店のメニューも
ブログのタイトルも
キャッチコピーがあれば
分かりやすいですよね


今死ぬほど頭で回ってるのがこちら




うざいけど印象に残りますよね。
このCM以降明らかにインディードの求人が増えました。

仕事探しはインディード バイト探しもインディード
掲載無料までは伝わりますもん。


タウンワークが脱線してるうちに陣地を奪い取りそうな気配

以前のインディードのCMってこんな感じでかなり意識高い系だったわけです。



仕事をサーチすることが売りでしたが
今は名前だけを連呼してるだけ。

覚えてもらってなんぼですもん。


売れてるものってわかりやすいキャッチフレーズがあるんですよね


今でしょも倍返しも同じこと
コピーライターが心に響く
キャッチコピーをつけてるわけです

誰のことかわかりますよね、




キャッチコピーのポイントは
売り手の目線ではなくお客様の目線で語ること


でも自分の店やブログの特徴って 
自分ではわかりにくいもの


キャッチコピーで忘れていけないのは
お客様に対してどういうメリットがあるか


そういうときはお客様に聴けばいいんですわ
この店何がいいんですかねえと


魅力を教えてくれますよ
お客様の声が一番の応援ツールだし
一番率直な感想ですもの


あなたもまずはキャッチコピーを考えてはいかがですか