大阪堺の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

カテゴリ: 集客するためのマーケティング

以前ヒルナンデス  あの行列店のヒットの裏側を調査するんですという特集が マーケティング的に面白かったのでまとめてみます。

 

コメダを知る7つの秘密

その1 お店は住宅地に建っていることが多い

→幹線道路沿いだと速度が速くて駐車場に入りにくいが 住宅街の生活道路沿いなら入りやすいから 出入り口も2カ所有る店が多いとのこと

 

その2 店頭には主要な新聞 雑誌を置いている

→お客様にくつろいでもらうために 原則全店で新聞雑誌を置いている 何を置くかは地域により店ごとに決めているとのこと

 

その3 コメダのソファー席は半個室空間を演出している

→間仕切りをおくことで周りのお客様と目が会わなくなっている 話しやすくストレスがかからないように向かい合うソファーの距離も調節 ソファーも特注品だとか

 

その4 モーニングサービスは必ずアツアツのゆでたまごがついてくる

→11時までにドリンクを頼むと無料でパンとたまごがついていきます 愛知では有名なサービスなんですが 玉子の皮がむきやすいように 冷水につけるのですが すぐに取り出すことでホクホクのゆでたまごが 楽しめるとのこと

 

その5 一番人気!シロノワールは人数分に切り分けしてくれる

→シロノワールは特製デニッシュパン 空気がたくさんいっていて 中はふわふわ あったかいパンの上に冷たいソフトクリームがかかっているシロモノ 人数に合わして切り分けしてくれるのは便利ですよね 多くの料理でも切り分けできるのば便利ですね

モーニングサービスでも横浜の店ではパンの焼き方 バターの多さとかも選べるようです

ほんまに細やかな対応で気が利く店ですわ

 

その6 大人気のサンドイッチメニューの味は創業当時からほぼ変わっていない

多くのメニューが変わっていない訳 新製品を投入すると 何かやめないといけないので 新商品に替えるより いつもの商品がある安心感を大事にしているとのこと

 

→ホットサンドあみ焼きチキンとスクランブルエッグトーストおいしそう><

 

その7 コメダ珈琲のコーヒーチケットは有効期限がない

3100円で9枚綴り 買ったお店てでしかつかえないから 常連客になっていくとのことで使用期限を決めてないそうです

 

お客さんにくつろいでもらう事 常連客を大事にしているという事

やみくもに回転数をあげることよりも また戻って来たいという価値を提供することで 成長していることが確認できました。


くつろぐ、いちばんいいところ

世の中で流行っているものにはかならず理由があるということですね 勉強になりました

 

なぜ近鉄百貨店ハルカス本店が儲からないのか

その答え

立地と大阪のデパートが完全にオーバーストアだから


ハルカスの地下食料品売り場の品ぞろえは重宝してるんだけどねえ。 お取り寄せグルメガンガン置いてるので。

何回かこのマーケティングブログでも語ってますが
まずこの新聞記事をまとめてみると

「日本一」生かせず苛立つ近鉄グループHD なぜ本店が儲からないのか - SankeiBiz(サンケイビズ)
「若年層の取り込みを狙ったが、うまくいかなかった」

ハルカス内の展望台やホテルは好調で、来場者が押し寄せる。
「なぜ本店が儲からないのか分からない。近鉄百の動きが悪すぎるのではないか」(関係者)と不信感も募らせていた。

逆に、近鉄百は売り場の改善などを求める近鉄の意向に沿って対応したという意識があるが、売り上げは思うように伸びない。
「そもそも需要に対して売り場面積が大きすぎる」(流通業界関係者)との声も高まるなか、
上向かない業績と成果を迫る親会社とのはざまで、近鉄百は苦悩を深めていった。


デカすぎはありえますよね。 もともとの百貨店7階建てくらいだったはずだし。


個人的に思い出すのが似ているとおもうJR西日本伊勢丹三越

基本的に大阪はオーバーストア気味であること
そもそも天王寺は梅田なんばの次の存在であること
展望台入口をデパートと分けてしまったこと
電鉄側とデパート側が不仲なこと
ターゲットを理解できてないこと
この辺が理由ですよね


あべのキューズモールあるのに
ヤングな女性がテラハにいくのかどうかということ
百貨店はヤングターゲットではないし。

大改装したけど世間はファストファッション時代に効果あるのかどうか

アベノ近鉄にヤングが来ているイメージがそもそもなかったし
初年度予算1450億ってミナミの巨艦 なんばの高島屋くらいの金額

そこまで来場者多くないはず

イベント増やしてるけど シルバーに特化したほうがええのかもしれません
とことんチャイナ迎合路線でいくとか
何かをかえていかないと
埋没していくだけのような気がします

南大阪線でも四桁売り上げあげてるのであれば 大阪線と奈良線沿いにハルカス建ててれば(震

(関西で売り上げ1000億越えってうめはんとなんば高島屋のみ)

ソフマップとかユニクロのようなテナント入っていくかもね

追記 2017年11月追記

ソフマップ入って出ていってエディオンになりましたよね。
ソフマップもあれだったのかも

ヤマダ電機ってどういうイメージありますか?

自分としてはその業界に
居てたことあるので
ここでは書ききれないんですが
誰でもわかりやすい
出来事をここ二週間くらいで
経験したのでご紹介します

先日お客様からスマホの
カバー探して欲しいと言われたので

どれがあうかわからんということで
近くのヤマダ電機に行ってきたわけです


いわゆる郊外の大型店です
店名はぼかしておきましょう

最近スマホ用品の売り場を変えて
スマホカバーとかアイテムの展開も多くヨドバシっぽくなりXperiaだから簡単に
探せるとおもてました


機種は急激な値下げで
個人的にも気になってる
Xperia Z3 compact

お客様に探しても見つからないと
言われたんですが
売り場で一瞬で理解できた

その展示の方法に呆れた


店内写真禁止だから
貼り付けないけど


商品区分がバラバラ

Xperia Z3 compactって
11月に出たばかりの機種で
まだカバーやフィルムが
製品が揃ってません


例えはXperiaなら
今現役なのが
ドコモをベースにすると

Z3   
Z3conpact
Z2 
 A2
Z1f

この辺

展示コーナーもこれの
くくりにすればいいんですが

新しい商品のコーナーを作らずに 
空いたスペースに新しい商品を
展開してるだけなんですわ


つまりZ2のとあるカバーが
廃盤になってスペースあいたから
そこにZ3compactのケースを
そこに置くという感じ

Z2 Z3 Z3C Z2  Z2


しかもこの商品サイズ違うんですよ

だからZ3compactのケースや
フィルムがXperiaブロックの中に
バラバラに点在してるw

しかも空きスペースがなくて
他のシャープとかの場所に
置いてるカオスっぷり


しかもauにはZ3compactないんだけど
auXperiaの中にA2やZ3compactのフィルムがある(白目)

簡単なことだよね

売り場の整理して
Z3のコーナー作れば
いいだけやん


それの手間を惜しんで
並び替えないことが大問題やん

展示コーナー広げても
中がこういう感じなら
意味がないよね


その日もおそらくバイトらしき軍団がしゃべりながら品出ししてました。現場みてない社員がよくないんだけど。社員が品出ししてないことを願うのみ


さらにepisode2


正月早々蛍光灯がつかなくなって
地元のディスカウントショップにいくも
年末の需要増で売り切れ

仕方なくとあるヤマダ電機に移動

必要なのはパナの蛍光灯なんだけど


アマゾンで検索すると
最安値で2000円程度

急ぎなのでヤマダ電機に
いったら

まさかの3500円台w


ポイント15%還元と書いてるけど
高杉開発だろ(大阪ローカルネタ←)

エディオンにいくと
2500円くらい

イズミヤ2400円くらいだったのだ
イズミヤで買いました


ポイント還元あるから安いと
思わせてるけど
こっそり定価あげてるだけだよね





まあ妥当な価格ですわ


店舗来る人ならネット見てないと
おもてるんやろか


商いの精神はどこにいったんやろか
(遠い目)

  結局大阪に東京を持ち込んだことが失敗だったんでしょうね 北浜三越のミスを忘れたのだろうか   大阪にたったひとつなかったものは 伊勢丹三越の市場だよね

関東の名門、大阪で惨敗… 販売不振のJR大阪三越伊勢丹、 売り場面積5万平方メートルを半減へ - MSN産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/140121/wst1401210040-n1.html  
JR西日本と三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、JR大阪駅ビルで共同運営する「JR大阪三越伊勢丹」(大阪市北区)について、売り場面積を現在の半分程度に縮小する方針を固めた。販売不振で赤字が続いているためで、専門店の導入によりてこ入れを図る。21日午後に改装計画の概要を発表する。 改装計画では、売り場面積を減らし、ファッション関連を中心に複数の専門店をテナントとして入れる。賃料負担を減らすことで、早期の黒字転換を図る。隣接する専門店ビル「ルクア」とも販売促進などで連携する。平成26年夏にも改装工事に着手し、27年初めに改装開業する。 JR大阪三越伊勢丹は550億円の年商目標を掲げて23年5月に開業し、売り場面積は約5万平方メートル。だが、関西では三越伊勢丹の知名度が低いなどの理由から販売が低迷しており、25年3月期の売上高は303億円にとどまった。27年初めの改装開業から1年後の売上高は450億円を目標としている。 大阪駅ビルがある大阪・梅田地区は百貨店や商業施設の増床・新規開業が相次いでおり、競合激化で明暗がはっきりしてきた。
前からきな臭い噂は聞こえてましたけど ついにメスを入れたのかという感じ 京都では時間かかったけど成功したので 大阪でも時間かけたら成功できるという戦略だったけど 北浜の三越の過ちを繰り返しただけだよな

京都は基本東京文化
老舗と裏表の世界  

大阪とが違う意味の本音と建て前の国

自分は赤福茶屋しか利用してないけど入りにくいし 何か暗い 
伊勢丹は店員の方が多い状況だし デパートの華食料品売場の入りにくさは異常ですよね

衣料品の売場見学しても提案展示でごちゃごちゃしてるだけ 京都はJRの改善受けて立ちなおったけど 大阪とは合わなかった


伊勢丹も新宿はハンパないけど それ以外の実績ってないよな

新宿だけのお店 服飾はスゴイと思うでも それは一部ということ

そして元名門三越と本業とは言い難いJRのタッグ ヨドバシ梅田が落札した競売に勝っていて 三越が出来てたらどうなってたかとおもうけど それはもう IF  もしも の世界


売上予算500億で現実は300億 専門店のルクアが900億で予算達成 だから両方足したら 予算いけると考えてるJR西日本大丈夫か?

今でもオープンの頃のホームページ覚えてるけど

キャッチフレーズが 【大阪にたったひとつなかったものを創りました】

さすがにJR三越伊勢丹オープン時のリリースにはのってないけどホームページでガンガン煽ってたことを思い出します
http://pdf.irpocket.com/C3099/YWWN/eDju/QtvB.pdf

大阪にたったひとつなかったもの なんだったんだこのフレーズ MY STORY STORE

それなら差別化で売れるはずなんだけどね グランフロントやヨドバシ梅田のように 梅淀はたった1店舗で 関西家電量販をぶっ壊したもん

スープストックはルクアだし 男の自分が利用できるのは 赤福茶屋しかなかった 結局は伊勢丹と三越の 両ブランド並立が中途半端だったんやろね

2兎追う物は1兎も得ず.... そもそも梅田は競合大杉

状況を分析すると リニューアルした大巨人 
梅田阪急 2000億
食料と物産店の阪神1000億
専門店取り込み成功の大丸600億 で
三越伊勢丹 300億
ルクア 370億


そこにスキマがあったのかと小一時間
高級はグランフロントが地位を築きつつあるし 阪急も初年度予算割れで2000億に届かない模様 大丸も下方修正してる 結局梅田はオーバーストアだった

三越伊勢丹居場所あるのだろうか 今年夏で衣料品とレストラン以外 締めて改装(呉服とインテリア撤退) 来年春にオープンする予定 で売り上げ目標は800億!


ルクアと合計した売上高は13年3月期は660億円だったが、 これを16年同期には800億円に伸ばす段取りらしい まあルクアを含めてるけど強気だな


他にない専門店あるのだろうか ビルが繋がっているとはいいがたい ルクア増やしても意味ないで

伊勢丹三越の裏ネタがもれてきてるけど
http://biz-journal.jp/2014/02/post_4076_2.html

関西連合が出店阻止してたのか


高島屋と阪神 楽天うまいもの展で 共同販促してたこと思いだした


大阪の法人需要と言えばバラの包みの高島屋 それに阪急需要だもんね そのタッグにこてんぱんにされたわけだ 梅田阪急改装時の間にこっそり売上と顧客奪うつもりが 返り討ちにあったわけだよな

デパートというコンセプトは厳しいよ もう開き直ってイオンSC持って来たら(真顔) 近くに競合はないもん キューズモールのパクリはありだろうけど という妄想してたら 阪急がイズミヤを吸い込んだ

北花田の阪急がイズミヤに変わる日も遠くないかも (絶対ない)

イズミヤの阪急化というよりは 阪急の関西特化は脅威やろうね

開き直って新梅田商店街とか 大阪駅前ビルの個人店 ひっぱってきたらいいのではとおもってたけど 伊勢丹や三越の名前使わないのなら 何やっても問題無いしね (ルクアが18年にバルで個人店かなりもってきた)

チェーンでは食べれない味というのは 大阪のデパートにたったひとつなかったものだと思うよ ちゃちな催事コーナーと食料品売場は 広げたほうがええ それくらいしないと他のデパートと被りまくるよ


世界初 関西初をどれだけようけ集めれるか でしょうけどね ヨドバシ2期工事できる2016年までの 勝負が間に合うのかどうか 改装時発表時のJR副社長のコメントが 専門店と百貨店部分の境界を明確にせず 「専門店で買った商品が実は三越伊勢丹のものだった という店づくりにしたい」 もうあかんかもしれん><  

さっきニュース見てて驚いたので
いつものようにブログでニュース深掘りしてみる

築地でマグロ初競り 最高値は1匹736万円
 :日本経済新聞
http://s.nikkei.com/1awLwdy

新春恒例の初競りが開かれ、

青森・大間町産のクロマグロの

最高値は1匹あたり736万円となった。

落札者は3年連続ですし店「すしざんまい」を

展開する喜代村


1匹あたりのこれまでの最高値は

昨年の1億5440万円。

今年の落札額は20分の1になった。

ここ数年、喜代村と香港資本のすし店「板前寿司」が

最高値のマグロを巡って競り合っていたが、

今年は競り合いが少なく相場は落ち着いた。



昨年の1/20ですか 


漁師は売上5%だから
儲けも1/20なのか _φ(・_・

もしかして今年は小ぶりのマグロ?
とおもたので昨年の状況を調べてみると

マグロ「初競り」昨年の3倍、1億5540万円
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/06/kiji/K20130106004919700.html

220キロ 重さは変わってないようですね

さらに調べてみる

マグロの築地初競り、価格下落か(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/513430.html

ああセリのライバルが参加してないのか
1億円超えるのは異常という判断

昨年から宣伝目当ての投機という
声は聞こえてたもんね

1.5億で全国中に
すしざんまいの名前がテレビで連呼されるんだもん
日経1面広告数回分よりも絶対に効果はある

自分もそれで名前知った会社だから


マグロバブル崩壊
中国のバブル崩壊
最初思たんだけど
このバブルを懸念してた人が身を引いたのか

ソース一つで脳内反射で動いたら
あかんということですあ

某所で値段推移を見つけた


07年  413万円 銀座久兵衛&板前寿司
08年  607万円 銀座久兵衛&板前寿司
09年  960万円 銀座久兵衛&板前寿司
10年 1628万円 銀座久兵衛&板前寿司
11年 5649万円 すしざんまい
12年15440万円 すしざんまい
13年  736万円 すしざんまい


12年が異常だったわけで
いわゆるいってこい
バブル前に戻っただけなんだな

いろんなマスゴミがこのニュースで
アベノミクス崩壊とか煽りいれそうだけど

真実はいつもひとつ

出来事の裏側にはそれなりの理由があることは
忘れてはいけないということでごわす

斜に構えていくようにしましょう



↑このページのトップヘ