大阪の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

カテゴリ: 飲食店集客講座

ネットの力と再認識するニュースがあったので紹介します






BAR Mocha 立川 バー モカ が30人の宴会当日キャンセルを把握したということ 1週間前にキャンセル電話したっていうことは藪の中ですが、拡散したら初めてのお客さんが集客できたという話

BAR&Dining Mocha
BAR&Dining Mocha
ジャンル:ダイニングバー
アクセス:JR中央線立川駅 南口 徒歩3分
住所:〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-2-26 入船ビル6F(地図
姉妹店:立川 COFFEE&BAR glass -グラス-
ネット予約:BAR&Dining Mochaのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 立川×ダイニングバー
情報掲載日:2017年11月22日



おそらくぐるなびのサイト見て予約したのかもしれません。
image


フォロワーは少ないけど ツイッターで拡散したことで完売できたようでございます。

この話興味深いのがスタッフじゃない人のつぶやき拡散もきっかけなんですね。
店の助けてくださいではなくて、来客者のつぶやきなのも肝なような気がします。

宴会シーズンですが、予約キャンセルが減ることを願うのみですわ。





--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪堺のサンデボーテは飲食店のためのネット集客アドバイザーです。
様々な角度であなたのお店やSNSブログを客観的に無料で評価します。

身内や知り合いの人以外の覚めた視線があなたのブログの本当の評価です。


無料でWEB診断いたしますのでお気軽にご相談ください

またや集客やブログのご相談もお気軽にどうぞ

サンデボーテへのお問い合わせ
LINE@sundevote



気がつけば11月半ば 明後日16日からボジョレーヌーボー解禁でございます。


昔ほど騒がなくなった印象です。小生は下戸なので雰囲気を楽しむくらいかと。人生で一度スペインワインで大失敗して以来飲めなくなりました。

そのワインで思い出したのが

<strong> 値段とラベルだけでワインを買う人</strong> 
のお話

高いからおいしいとかフランスだからおいしいというわけではなくなってきてますよね。

知名度ではやっぱりおフランスのワインが有名だけど
今やチリ、オーストラリアのワインの方が美味しいし場合もあります。


世界でのワイン生産量もスペイン アルゼンチン ドイツ チリの順番


まあボジョレーヌーボーって、本来はフランスのボジョレー地方の今年の早出し新作ワインなんだから、フランス専門のはずだけど そうではなくなってる感じはいかがなものかと。


私はかなり趣味の範囲が広くて深い人ですが、ワインを買うのであれば、店員さんに質問します。素人がなやんでも答えが出るわけもありません。「お肉に合うワインどれですか?」効くほうが早いでしょ

同じコトは他の場合でも同じ。


評判がいいから
テレビでやってたから
二世タレントだから

評判なんて関係無い
大事なのは自分の目と耳と感性なのにね


どういうことがいいたいか

なんでもキテミタコウタの喜多商店だとおもう。


すべては自分の目が大事
現物を見ないとわからないし理解できない。

iPhoneXも触ったら欲しくなりましたもん。

販売側がいかにわかりやすさをアピールするかとおもうんですよね。

購買者にわかりやすいポップやラベルを付ければ
それだけで差別化に繋がるし世に出る可能性も高いということですわ。



あなたの商売 ラベル付けてますか?
誰にでも一言で説明できますか

その辺があなたのお店が世やマスコミに出るための方法論のひとつかもしれません



----------------------------------------------

大阪堺のサンデボーテでは様々な角度で
あなたのブログを客観的に無料で評価します

&nbsp;

<span style="font-size: medium;">身内や知り合いの人以外の冷めた視線が
あなたのブログの本当の評価です
</span>

無料診断いたしますので
お気軽にご相談ください

また集客やブログのご相談もお気軽にどうぞ


サンデボーテへのお問い合わせ
LINE@sundevote



ブログで大事なのは自分の言葉で自分の思いを語り続けることです。

プロ仕様のホームページ作成で失敗するのは、自分自身で更新が難しいから。飲食店や個人店では専門ネット担当が用意できないので、店主自ら更新することになります。

ホームページ業者に言えば更新してと頼めますが、あくまでも伝聞だったり、別のお金がかかってしまう場合も多い。


毎日書くことがないから難しいとよく話を聞きますけど、書くことは難しくないです。ただ目的なくてどこどこ行ったとか、人にあったとか酒のんだとかでは意味はありません。


自分のことを赤裸々に書けばいいんですよ。
なんで起業したかとか今日のおすすめはこれですとか。
心を開けば開くほど ブログの読者は興味持ってくれるます。




私自身ブログは2005年にアメブロで始めてるのでもう書くことは悩まないです。
日頃からネタをスマホに入れといてそこから一気に書き上げます。

意識してるのは画面の向こうにいてる人に伝えたいことを書いてます。
こんなことあるんだ。なるほど知らんかったわ。と思われること書いております。


いろいろ実験しましたが、やっぱりいろいろ脱線ブログより単品ブログの方がいう結論に至りました。

そうでないとそのジャンルの専門家にはなれないし、文章を読んでいるブログ読者につたわらないですもん。物事の教えることのいろはにも繋がっていくんですが、他人にモノを教えるときに自分がその事例をわかっていないとうまく説明ないわけです。

内容をやさしく言うか 例えを使うか 身振り手振りをするかそのやり方の解答は一つではありません。アウトプットする方法を考えることで、知識が更に深まって行くわけです。



私も試行錯誤しながらとある新商品ブログをやってますが1日1万PV インスタグラムフォロワー2万人まで到達しました。やっぱり継続は力なりかなと。


飲食店ブログも今日のオススメとか、お店をはじめた理由とかいろいろあるはず。


とにかくブログはじめてみましょう。
もちろんホームページを持っている方にもオススメです。

ブログにリンクさえ張れれば問題無いんですから
そこからのアクセスも期待できますし、リアルタイムの宣伝チラシにもなりますよ。


とにかく私みたいに走りながら考えましょう。


----------------------------------------------

大阪堺のサンデボーテでは様々な角度で
あなたのブログを客観的に無料で評価します

身内や知り合いの人以外の覚めた視線があなたのブログの本当の評価です


無料診断いたしますので
お気軽にご相談ください

また集客やチラシのご相談もお気軽にどうぞ

サンデボーテへのお問い合わせ
LINE@sundevote

この前大阪ほんわかテレビで紹介されてて儲かる理由が解説されてたので紹介します

2017年1月21日放送 読売テレビ 大阪ほんわかテレビ たむらとすちえのヒットの秘密パクリます!
関西流行りメシSP!で紹介されていたのが

フレンチおでん赤白

フレンチとおでんが融合したお店

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27084544/
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 大阪 B2F 営業時間:11:00~24:00(L.O. food 23:30/drink 23:30) 電話番号:06-6341-5089 定休日:不定休(ルクア大阪に準ずる) ※予約不可



新大阪も三番街にもできてたんですね

認識してたのはおいしそうな大根出してること

ヒットの理由紅白

フレンチおでんは常時10種類
普通かつおだしで炊いてるところをゆっくりコンソメで炊いて、味がしゅんでるところにイタリアのマツタケといわれるポルチーニ茸を使ったフレンチクリームソースをかけているとのこと


しかもおでんは180円

常識を覆した総料理長はフランスの日本大使館の料理長
 
VIPの評判のよかった フォアグラの茶わん蒸し(380円)
フォンドボーのだしが効いたフレンチお好み焼サヴォワ(860円)等を
この店のメニューにしているとか 

一番高いメニューでも1380円 女性が好きなシャンパンも550円



一流シェフの考案した極上料理のほとんどが1000円以下で食べられるのが魅力ですが、目に見えないヒットの秘密をまとめてみますと。


それは回転率とセントラルキッチン
  • 注文後すぐに料理が提供できるようにセントラルキッチンで下ごしらえしている
  • 回転率をあげるために背もたれのない椅子を使用して客の滞在時間を短くし回転率をアップ
  • 天井に大音量の音楽をスピーカーで流すことで食事ににテンションあがるし大きい声でしゃべることで客にのどが渇きとお腹の減りを促してる



俺のフレンチの進化版の考え方ですよね 誰も損してないから流行るのか
スピーカーの話は勉強になりましたφ(・ω・ )



以前ヒルナンデス  あの行列店のヒットの裏側を調査するんですという特集が マーケティング的に面白かったのでまとめてみます。

 

コメダを知る7つの秘密

その1 お店は住宅地に建っていることが多い

→幹線道路沿いだと速度が速くて駐車場に入りにくいが 住宅街の生活道路沿いなら入りやすいから 出入り口も2カ所有る店が多いとのこと

 

その2 店頭には主要な新聞 雑誌を置いている

→お客様にくつろいでもらうために 原則全店で新聞雑誌を置いている 何を置くかは地域により店ごとに決めているとのこと

 

その3 コメダのソファー席は半個室空間を演出している

→間仕切りをおくことで周りのお客様と目が会わなくなっている 話しやすくストレスがかからないように向かい合うソファーの距離も調節 ソファーも特注品だとか

 

その4 モーニングサービスは必ずアツアツのゆでたまごがついてくる

→11時までにドリンクを頼むと無料でパンとたまごがついていきます 愛知では有名なサービスなんですが 玉子の皮がむきやすいように 冷水につけるのですが すぐに取り出すことでホクホクのゆでたまごが 楽しめるとのこと

 

その5 一番人気!シロノワールは人数分に切り分けしてくれる

→シロノワールは特製デニッシュパン 空気がたくさんいっていて 中はふわふわ あったかいパンの上に冷たいソフトクリームがかかっているシロモノ 人数に合わして切り分けしてくれるのは便利ですよね 多くの料理でも切り分けできるのば便利ですね

モーニングサービスでも横浜の店ではパンの焼き方 バターの多さとかも選べるようです

ほんまに細やかな対応で気が利く店ですわ

 

その6 大人気のサンドイッチメニューの味は創業当時からほぼ変わっていない

多くのメニューが変わっていない訳 新製品を投入すると 何かやめないといけないので 新商品に替えるより いつもの商品がある安心感を大事にしているとのこと

 

→ホットサンドあみ焼きチキンとスクランブルエッグトーストおいしそう><

 

その7 コメダ珈琲のコーヒーチケットは有効期限がない

3100円で9枚綴り 買ったお店てでしかつかえないから 常連客になっていくとのことで使用期限を決めてないそうです

 

お客さんにくつろいでもらう事 常連客を大事にしているという事

やみくもに回転数をあげることよりも また戻って来たいという価値を提供することで 成長していることが確認できました。


くつろぐ、いちばんいいところ

世の中で流行っているものにはかならず理由があるということですね 勉強になりました

 

見知らぬ街に引っ越したときや初めていった旅先って
見るもの全てが知らないものばかりで不安になりますよね

そういうときに地元にあったファミレスのブランドや
コンビニを見かけるとほっとしますよね


知っているブランドだから
安心して買い物できるから


海外にいっていろいろトラブルあるのは
値段も雰囲気も何も知らないから

お金をかけて旅行にいったのに
行くんじゃなかったとおもうのは悲しい


先に調べておくべきなんです


売りこみに来た営業マンからモノを買わないのも
誰か知らないという理由もあるはず


なじみの店は安心してのみ食べ出来るけど
知らない店は勝手がわからんので
居心地悪いのと同じことですわ


知らない人からモノを買わないから





流行ってない店 入りにくい店って
情報がわかりにくい

中が見えなかったり
値段やシステムがわかりにくい場合が多い


透けてる店の方が中の様子がわかって入りやすいし
どんな商売かもわかりやすいから
認知されやすいわけです


知名度がないのは立ち上げたばかりの新店では
仕方ないこと

店のブログつくってチラシとともに情報発信してばいいんですよ


自分は社長さんや経営者と会うとき 
必ず個人ブログやホームページを熟読します


それで気になった出来事をさらっとネタにして
確認するわけです


そうしたら驚きますよ
こちらとしては頭の中が理解できるし
価値観もわかるので
初めて合うような感じがしないわけです



ある飲食店の経営者も 入社前におれの店長ブログ
読んでるスタッフは長続きするよといってはりました


これも同じ意味ですよね


胸の中を吐き出してるから 共感しやすいわけです


あなたの店の情報公開すればいいだけ
費用はかかりません

こういうことやりたいです
だから出店しました

それからはじめればいいんですわ


きれいな文章や内容にこだわるのではなく
伝えるべきなのは気持ち=パッション(胸タタキながら)


好きなだけ語って下さいな


ツイッターでは文字が足りないし
フェイスブックではかしこまりすぎるから
ブログでひらめいた勢いでだっーと書く方がいいわけです



自分もそれを毎日続けて居るだけのこと
内容よりもパッション


どんどん思いを語ることで
知らない店から脱出していきましょう

----------------------------------------------

大阪堺のサンデボーテでは様々な角度で
あなたのブログを客観的に無料で評価します

身内や知り合いの人以外の覚めた視線が
あなたのブログの本当の評価です


無料診断いたしますので
お気軽にご相談ください

また売上やブログのご相談もお気軽にどうぞ

サンデボーテへのお問い合わせ
LINE@sundevote


先日ツイッターでばずってたのがこちら   こういう体験っていいなーとおもってるけど 実現したことはない

とあるコンビニでは新商品バカとかお試し券とかあだ名になってるかもしれませんけどね(意味深

常連って同じ店に通い続けることですが 、研究によると1週間に三回くらいいくと 認知される可能性が高いということなので 頑張ってみるつもりです  。


ドトールについては禁煙じゃないお店という認識しかなかったのですが 、くぐってみるとなかなか面白いお店のようです 。


スタバもいいけど…『ドトール』の常連客への対応がオモシロい - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2144014337315334201

image


いい意味で意識高くない系のお店なのか スタバに立ち入るのが怖い自分には ドトールはいいかもしれません。
  とおもてたらこういうキャンペーンが
http://doutor.eng.mg/13ebe

なんかいい感じですよね。  コーヒー苦手ですけど 行ってみますか←

2015年1月15日 フジテレビ バイキングで紹介されていたのが

プロが教える問題もあるレストランの見分け方とよいレストランの見分け方
自分も飲食店勤務経験ある人なので補足もいれていきます


問題のあるレストランの見分け方


第五位  人気があるとすぐに二号店を出す店
同じスタッフを揃えるには資金もいるし
オーナーの体が2つないので自分の分身が必要であるし味も維持することは難しいと言うこと
飲食店の二号店は一大イベントなのでこの指摘は正解です(経験者)

第四位 ステーキをアツアツの鉄板で出す
焼き方を聴いていないことになるし ほどよい温かさの方がよい店だとか

第三位 厨房のスタッフのユニフォームが黒い
これは鉄板ネタです 焼肉とかほぼ全部ですもん 。理由は汚れが目立たないから 。レベルが高いと汚れないので白い服を着れるということ。


第二位 開店三時間前に店員がいない

もちろん仕込みしてるから 3時間前に気配がないということは店で仕込みしていない証拠。営業時間前に準備してないと店回せないのが 飲食店の常識ですもんね 。だから長時間勤務になりがちなんだけど。

 
第一位 看板メニューが3つ以上ある
逆に看板のメニューがわからなくなるし 味も落ちていくだけとのこと 。



よいレストランの見分け方


第五位 刺身の切り口に角がある
お刺身やカルパッチョは切った瞬間なら角があるんですが 、時間が経過すると丸くなってしまうとのこと 。

第四位 看板メニューの付け合わせに力を入れている
お寿司のガリ ハンバーグのポテト カレーライスの福神漬けなど 脇役が美味しい店であれば看板メニュー以外でも外れが少ない。


第三位 食器の温度が料理によって違う
温かいものは温かい皿 冷たい料理は冷たい皿で 美味しく食べてもらいたいという気持ちの表れ。


第二位 ホールスタッフとよく目があうお店
自分はこれが一位かもしれません お水欲しいとか注文したいとか 察する前にさりげなく動くと おたがいに気持ちいいんですよね 。呼び鈴有る店はその権利を放置しているということ 。

第一位 満席時に待ち時間を教えてくれる
忙しくて何分になるかわからないということではなく おおよその目安を言ってくれる店 。店の状況をきちんと把握できていることの証明 。


よいお店はつねに感じのよい対応をしてくれるということ なんですね。
いやー勉強になりました わ。是非参考にしてみてはいかがですか   。
          

↑このページのトップヘ