大阪堺の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

カテゴリ: 差別化戦略

いやー今シリーズは最後まで攻めきったシリーズでした。あれだけ創造的な破壊をしたらそら視聴率もとれますよと。

image



初回だけで大地真央院長退場するとはおもってなかった。2話で野村周平も医者やめるし。
ゲスト登場の使い捨て方がウマすぎて震えてました。



昨日最終回は今季ドラマの視聴率トップの25パーセント越えで終了。まあああいうオチなにで続編は可能ですが、これで終わりではないかと。




続きを読む

この前大阪ほんわかテレビで紹介されてて儲かる理由が解説されてたので紹介します

2017年1月21日放送 読売テレビ 大阪ほんわかテレビ たむらとすちえのヒットの秘密パクリます!
関西流行りメシSP!で紹介されていたのが

フレンチおでん赤白

フレンチとおでんが融合したお店

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27084544/
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア 大阪 B2F 営業時間:11:00~24:00(L.O. food 23:30/drink 23:30) 電話番号:06-6341-5089 定休日:不定休(ルクア大阪に準ずる) ※予約不可



新大阪も三番街にもできてたんですね

認識してたのはおいしそうな大根出してること

ヒットの理由紅白

フレンチおでんは常時10種類
普通かつおだしで炊いてるところをゆっくりコンソメで炊いて、味がしゅんでるところにイタリアのマツタケといわれるポルチーニ茸を使ったフレンチクリームソースをかけているとのこと


しかもおでんは180円

常識を覆した総料理長はフランスの日本大使館の料理長
 
VIPの評判のよかった フォアグラの茶わん蒸し(380円)
フォンドボーのだしが効いたフレンチお好み焼サヴォワ(860円)等を
この店のメニューにしているとか 

一番高いメニューでも1380円 女性が好きなシャンパンも550円



一流シェフの考案した極上料理のほとんどが1000円以下で食べられるのが魅力ですが、目に見えないヒットの秘密をまとめてみますと。


それは回転率とセントラルキッチン
  • 注文後すぐに料理が提供できるようにセントラルキッチンで下ごしらえしている
  • 回転率をあげるために背もたれのない椅子を使用して客の滞在時間を短くし回転率をアップ
  • 天井に大音量の音楽をスピーカーで流すことで食事ににテンションあがるし大きい声でしゃべることで客にのどが渇きとお腹の減りを促してる



俺のフレンチの進化版の考え方ですよね 誰も損してないから流行るのか
スピーカーの話は勉強になりましたφ(・ω・ )



この前日経に載ってたニュースですがモーニングチャージでやってたので興味深く見てました

店舗で体感、ネット注文、イオンが「売らない売り場」、来年度、全国50ヵ所。 https://messe.nikkei.co.jp/rt/i/news/134629.html
イオンはショッピングセンター(SC)や総合スーパー(GMS)にインターネットでの販売を前提にする売り場を設ける。陳列用のほかに商品の在庫は置かず、気に入った商品を来店客が自身でスマートフォン(スマホ)や自宅のパソコンなどで注文する。

店員は接客に集中し、付加価値の高い商品を販売につなげる。2017年度中に全国で50カ所程度の設置を目指す。 売り場と連動した専用の電子商取引(EC)サイトを17年1月に開く。職人が手掛けたガラス細工やデザイン性の高い家具、各地の名産の食品など消費者に訴える付加価値のある商品を中心に品ぞろえする。


生産者や販売者にサイトへの出店を募る「仮想商店街」の形式をとる。 今回の取り組みのモデルとなる売り場を千葉市の店舗にすでに開設している。現在は約90品目をそろえており、今後も各地で出店者を募集し、品目数を増やす。地域連携に関する協業を検討している三越伊勢丹ホールディングスや日本郵政などにも協力を求めていく考えだ。

SCやGMSの改装に合わせるなどして順次、ネット通販専用の売り場をつくる。販売用の在庫は置かず、商品はすべて購入者の自宅などに届ける。生産者の都合や名産品の旬、店舗の立地などに応じて、売り場に並べる商品は店舗ごとに変える。売り場の面積も店舗ごとに異なり、数十平方メートル程度が中心となる。 実際に商品を見たり、触ったりできる売り場を設けることでネット上では分かりにくい使用感などを確かめてもらう。


店内には商品の特徴や歴史的な背景などを紹介するパネルなども掲示し、衝動買いも誘う。 大手スーパーは全国均一の品ぞろえを消費者に提供する同質の店舗を大量展開することで成長を遂げてきた。近年は特徴の少ない画一的な売り場が消費者の支持を失ったことで全国展開する大手チェーンの大型店は苦戦が続いている。大型店の苦戦の背景には「アマゾン」に代表されるEC専業企業の台頭もある。


イオンやセブン&アイ・ホールディングスなどはこれまでECではサイトの使い勝手や配送スピードの向上で対抗する方策を探ってきた。 米国ではアマゾン・ドット・コムが実店舗の展開に乗り出すなどしており、実店舗とECの境界は薄れてきている。イオンはネットと連動した売り場を持つことで店舗運営の機動性を高める。


従来の大型店では取り扱いが難しかった商品を品ぞろえに加えることでEC専業企業への対抗も強める。 商業施設の中でネット販売を積極的に進める例は眼鏡のオーマイグラス(東京・港)や工具の大都(大阪市)といったネット通販勢の一部にとどまり、店舗売り上げの流出を懸念する大手小売業は二の足を踏んできた。在庫を全く置かず、売り場をショールームにする異例の取り組みにイオンが踏み切ることで追随する動きが広がる可能性はある。
   

幕張でやってるんですが在庫を持たない商品の販売のようですね

リリモストア  lilimo store



高額商品なので在庫を持たないほうが都合いいのか   メーカーも展示することで販路増えるわけだし イオンがこういうことをはじめてる理由は
  • ネットと店舗の融合
  • 高齢者のネット利用増加
  • ここでしか買えないもので訴求
最近ヤマダ電機がショールームとして話題ですが、ここにしかないものなら差別化につながりますよね。参考にしていきましょう  

先日テレビで放映して気になったのが 天王寺動物園の奇跡のニワトリのお話


“奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」 http://www.sankei.com/west/news/160604/wst1606040034-n1.html
まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。飼育員の河合芳寛さん(40)によると、子ガモは1羽だと人を怖がって餌を食べようとしないが、ヒヨコを一緒にすると、まねをして餌を食べるようになる。ヒヨコだったまさひろ君は子ガモの「先生役」になり、動物たちの餌となる難を逃れた。 最大の危機が訪れたのは昨年9月ごろ。鳥の楽園に出没するイタチを捕獲するため、3日間、「ネズミ捕り」の「おとり餌」になったことがあった。しかし、その間、イタチが現れることはなく、九死に一生を得ることになった。 通常、若鶏へと成長する過程で大型の肉食獣に餌として与えられるが、「偶然、申し出がなかった」。この強運ぶりが話題となり、10月下旬、飼育員2人の名前から1字ずつ取ってまさひろ君と名付け、餌にすることをやめた。 河合さんは「生き餌だったヒヨコを飼い始めるのは初めての経験。一般的に雄鳥は気性が荒く、人にあまりなつかないのだが、抱っこされてもおとなしくしているニワトリは珍しい」と目を細める。
えさとしてやってきたのに三度の危機を生き延びた「いつみても波瀾万丈」なニワトリのお話。 このニュース聞いたの2回目ですわ。天王寺動物園では常時展示していないのですが、人気は上位クラス。(コアラとトラだったはず) 奇跡のニワトリ まさひろくん

リアルなストーリだからこそ人は惹かれる

すでに関西では有名人になりつつあります。エピソードが強力だから、印象に残りますよね。

ストーリー提案というか宣伝の仕方だなあーと痛感しておりました。 小学校の遠足以来いってないんですが、旭山動物園的なカバの泳ぐ姿がみれる新カバ舎の展示がみたくて仕方ありません。サバンナ風な展示もあるし、久しぶりに動物園にいってみますかね。

天王寺動物園の新カバ舎

先日ツイッターでばずってたのがこちら   こういう体験っていいなーとおもってるけど 実現したことはない

とあるコンビニでは新商品バカとかお試し券とかあだ名になってるかもしれませんけどね(意味深

常連って同じ店に通い続けることですが 、研究によると1週間に三回くらいいくと 認知される可能性が高いということなので 頑張ってみるつもりです  。


ドトールについては禁煙じゃないお店という認識しかなかったのですが 、くぐってみるとなかなか面白いお店のようです 。


スタバもいいけど…『ドトール』の常連客への対応がオモシロい - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2144014337315334201

image


いい意味で意識高くない系のお店なのか スタバに立ち入るのが怖い自分には ドトールはいいかもしれません。
  とおもてたらこういうキャンペーンが
http://doutor.eng.mg/13ebe

なんかいい感じですよね。  コーヒー苦手ですけど 行ってみますか←

この前 よみうりテレビでやってた
クイズアナドレナイ大阪で興味深い話を知れたので
紹介しておきます

高槻市にある飲料メーカー チェリオ
かなり先見の明あったことで有名とのことです

ライフガードとかいろいろお世話になってました

先見の明その一
350CCの缶を最初に導入し日本に広めた会社
(アメリカンビックサイズという触れ込み)

確かにセーフガードはそれが
きっかけで購入してましたw

それで大きくて安いということで
大阪でバカ売れしたとか
(自分もそれで信者に)

先見の明その2
500ミリリットルのペットボトルを
日本で標準にしたのがチェリオ


いまでこそ当たり前だが昔は1リットルサイズが基本でした
これもライフガードが500ミリリットルが爆発的に売れて

小型ペットボトルが標準仕様になったそうです
両方とも画像見るだけで味思い出してるw


先見の明その3

EXILEという珈琲w
ブレイク前から商標登録していたそうです

1987年に登録してたとか
発売は今年2月

模倣品と思われるのがいやで
ある意味寝かしてたそうです

もう心配ないということで
発売したそうです

【速報】100円自販機「チェリオ」に「EXILEコーヒー」が登場したぞ~ 踊りたくなるウマさ

ローリングストーンズのアルバムにEXILE(ならずもの)という言葉を使った曲があったそうで
商標登録してたとか

今販売してる700CCのペットボトルも
先見の明になるかもしれませんね

  結局大阪に東京を持ち込んだことが失敗だったんでしょうね 北浜三越のミスを忘れたのだろうか   大阪にたったひとつなかったものは 伊勢丹三越の市場だよね

関東の名門、大阪で惨敗… 販売不振のJR大阪三越伊勢丹、 売り場面積5万平方メートルを半減へ - MSN産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/140121/wst1401210040-n1.html  
JR西日本と三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、JR大阪駅ビルで共同運営する「JR大阪三越伊勢丹」(大阪市北区)について、売り場面積を現在の半分程度に縮小する方針を固めた。販売不振で赤字が続いているためで、専門店の導入によりてこ入れを図る。21日午後に改装計画の概要を発表する。 改装計画では、売り場面積を減らし、ファッション関連を中心に複数の専門店をテナントとして入れる。賃料負担を減らすことで、早期の黒字転換を図る。隣接する専門店ビル「ルクア」とも販売促進などで連携する。平成26年夏にも改装工事に着手し、27年初めに改装開業する。 JR大阪三越伊勢丹は550億円の年商目標を掲げて23年5月に開業し、売り場面積は約5万平方メートル。だが、関西では三越伊勢丹の知名度が低いなどの理由から販売が低迷しており、25年3月期の売上高は303億円にとどまった。27年初めの改装開業から1年後の売上高は450億円を目標としている。 大阪駅ビルがある大阪・梅田地区は百貨店や商業施設の増床・新規開業が相次いでおり、競合激化で明暗がはっきりしてきた。
前からきな臭い噂は聞こえてましたけど ついにメスを入れたのかという感じ 京都では時間かかったけど成功したので 大阪でも時間かけたら成功できるという戦略だったけど 北浜の三越の過ちを繰り返しただけだよな

京都は基本東京文化
老舗と裏表の世界  

大阪とが違う意味の本音と建て前の国

自分は赤福茶屋しか利用してないけど入りにくいし 何か暗い 
伊勢丹は店員の方が多い状況だし デパートの華食料品売場の入りにくさは異常ですよね

衣料品の売場見学しても提案展示でごちゃごちゃしてるだけ 京都はJRの改善受けて立ちなおったけど 大阪とは合わなかった


伊勢丹も新宿はハンパないけど それ以外の実績ってないよな

新宿だけのお店 服飾はスゴイと思うでも それは一部ということ

そして元名門三越と本業とは言い難いJRのタッグ ヨドバシ梅田が落札した競売に勝っていて 三越が出来てたらどうなってたかとおもうけど それはもう IF  もしも の世界


売上予算500億で現実は300億 専門店のルクアが900億で予算達成 だから両方足したら 予算いけると考えてるJR西日本大丈夫か?

今でもオープンの頃のホームページ覚えてるけど

キャッチフレーズが 【大阪にたったひとつなかったものを創りました】

さすがにJR三越伊勢丹オープン時のリリースにはのってないけどホームページでガンガン煽ってたことを思い出します
http://pdf.irpocket.com/C3099/YWWN/eDju/QtvB.pdf

大阪にたったひとつなかったもの なんだったんだこのフレーズ MY STORY STORE

それなら差別化で売れるはずなんだけどね グランフロントやヨドバシ梅田のように 梅淀はたった1店舗で 関西家電量販をぶっ壊したもん

スープストックはルクアだし 男の自分が利用できるのは 赤福茶屋しかなかった 結局は伊勢丹と三越の 両ブランド並立が中途半端だったんやろね

2兎追う物は1兎も得ず.... そもそも梅田は競合大杉

状況を分析すると リニューアルした大巨人 
梅田阪急 2000億
食料と物産店の阪神1000億
専門店取り込み成功の大丸600億 で
三越伊勢丹 300億
ルクア 370億


そこにスキマがあったのかと小一時間
高級はグランフロントが地位を築きつつあるし 阪急も初年度予算割れで2000億に届かない模様 大丸も下方修正してる 結局梅田はオーバーストアだった

三越伊勢丹居場所あるのだろうか 今年夏で衣料品とレストラン以外 締めて改装(呉服とインテリア撤退) 来年春にオープンする予定 で売り上げ目標は800億!


ルクアと合計した売上高は13年3月期は660億円だったが、 これを16年同期には800億円に伸ばす段取りらしい まあルクアを含めてるけど強気だな


他にない専門店あるのだろうか ビルが繋がっているとはいいがたい ルクア増やしても意味ないで

伊勢丹三越の裏ネタがもれてきてるけど
http://biz-journal.jp/2014/02/post_4076_2.html

関西連合が出店阻止してたのか


高島屋と阪神 楽天うまいもの展で 共同販促してたこと思いだした


大阪の法人需要と言えばバラの包みの高島屋 それに阪急需要だもんね そのタッグにこてんぱんにされたわけだ 梅田阪急改装時の間にこっそり売上と顧客奪うつもりが 返り討ちにあったわけだよな

デパートというコンセプトは厳しいよ もう開き直ってイオンSC持って来たら(真顔) 近くに競合はないもん キューズモールのパクリはありだろうけど という妄想してたら 阪急がイズミヤを吸い込んだ

北花田の阪急がイズミヤに変わる日も遠くないかも (絶対ない)

イズミヤの阪急化というよりは 阪急の関西特化は脅威やろうね

開き直って新梅田商店街とか 大阪駅前ビルの個人店 ひっぱってきたらいいのではとおもってたけど 伊勢丹や三越の名前使わないのなら 何やっても問題無いしね (ルクアが18年にバルで個人店かなりもってきた)

チェーンでは食べれない味というのは 大阪のデパートにたったひとつなかったものだと思うよ ちゃちな催事コーナーと食料品売場は 広げたほうがええ それくらいしないと他のデパートと被りまくるよ


世界初 関西初をどれだけようけ集めれるか でしょうけどね ヨドバシ2期工事できる2016年までの 勝負が間に合うのかどうか 改装時発表時のJR副社長のコメントが 専門店と百貨店部分の境界を明確にせず 「専門店で買った商品が実は三越伊勢丹のものだった という店づくりにしたい」 もうあかんかもしれん><  

さっきニュース見てて驚いたので
いつものようにブログでニュース深掘りしてみる

築地でマグロ初競り 最高値は1匹736万円
 :日本経済新聞
http://s.nikkei.com/1awLwdy

新春恒例の初競りが開かれ、

青森・大間町産のクロマグロの

最高値は1匹あたり736万円となった。

落札者は3年連続ですし店「すしざんまい」を

展開する喜代村


1匹あたりのこれまでの最高値は

昨年の1億5440万円。

今年の落札額は20分の1になった。

ここ数年、喜代村と香港資本のすし店「板前寿司」が

最高値のマグロを巡って競り合っていたが、

今年は競り合いが少なく相場は落ち着いた。



昨年の1/20ですか 


漁師は売上5%だから
儲けも1/20なのか _φ(・_・

もしかして今年は小ぶりのマグロ?
とおもたので昨年の状況を調べてみると

マグロ「初競り」昨年の3倍、1億5540万円
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/06/kiji/K20130106004919700.html

220キロ 重さは変わってないようですね

さらに調べてみる

マグロの築地初競り、価格下落か(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/513430.html

ああセリのライバルが参加してないのか
1億円超えるのは異常という判断

昨年から宣伝目当ての投機という
声は聞こえてたもんね

1.5億で全国中に
すしざんまいの名前がテレビで連呼されるんだもん
日経1面広告数回分よりも絶対に効果はある

自分もそれで名前知った会社だから


マグロバブル崩壊
中国のバブル崩壊
最初思たんだけど
このバブルを懸念してた人が身を引いたのか

ソース一つで脳内反射で動いたら
あかんということですあ

某所で値段推移を見つけた


07年  413万円 銀座久兵衛&板前寿司
08年  607万円 銀座久兵衛&板前寿司
09年  960万円 銀座久兵衛&板前寿司
10年 1628万円 銀座久兵衛&板前寿司
11年 5649万円 すしざんまい
12年15440万円 すしざんまい
13年  736万円 すしざんまい


12年が異常だったわけで
いわゆるいってこい
バブル前に戻っただけなんだな

いろんなマスゴミがこのニュースで
アベノミクス崩壊とか煽りいれそうだけど

真実はいつもひとつ

出来事の裏側にはそれなりの理由があることは
忘れてはいけないということでごわす

斜に構えていくようにしましょう



↑このページのトップヘ