「飲食をやっているなら、こういうときは人のためにやらないと」
数十年ぶりの福井豪雪で1晩で70センチ積もるくらいの大雪で 、国道8号の車両の立ち往生は2日以上に及んだときに沿道やトラックで食品を無償配布したことが話題になりました。







どうせ食材が痛むだけなら調理して配るという王将の店長判断はすごいですよね。 配送できないときはドライバー判断で配送品配布できるのか。

 阪神大震災の経験を活かした王将の店長のコメントがリフレインで叫んでます。


 「水道もでないのに、店長の発案で震災当日に無理やり店をあけて、ギョーザとかを出した。あのときのお客さんの顔は忘れられないんですよね。飲食をやっているなら、こういうときは人のためにやらないと」


いい話で勉強になりました。