大阪堺の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

2016年10月

帰宅してリアルタイム検索を見ると泉北ライナーの文字が 10月26日リアルタイムランキング

レコ大は以前から(ry  
ダイヤ改正かなとおもってリンク開いたら


「泉北ライナー」に新型特急車両12000系を導入します

http://www.semboku.jp/cat_news/4845/

一時期サザン走ってましたもんね どんな車両かとおもって開くと
「泉北ライナー」に新型特急車両が登場します!(平成29年2月予定)  南海本線の特急「サザン」として営業運転している南海12000系をベースに外観・車内のデザインを大きく変更し、個性あるものとしています。  新たな「泉北ライナー」にご注目ください。
南海12000系をベースに外観・車内のデザインを大きく変更し、個性あるものとしています。 新型 泉北ライナー 黄金の堺復活や>< 新泉北ライナー Googleで泉北ライナー検索すると いらない 乗車率 (ノ∀`) 吉野特急みたいなもんでしょうけど 座れることはメリットですが、利用使用にも通過駅なので(´;ω;`)ブワッ


来年2月登場を楽しみにしておきましょう

昨日野菜タンメン購入したものですが、それは関西では存在がマレな商品だからであります。(ラブタンメン)

 

2016年10月16日 テレビ朝日でセブンイレブンの帰れま10が放映されました

まあコンビニ好きなので注目してみてたんですが気になったのがランキングの内容

 

そもそも秋の最新ランキングって言い方何? 

f:id:mizzn60:20161017220303j:image

おそらく関東地区の商品なので関東のランキングとおもいますが、本当にランキングなのかと小一時間

 f:id:mizzn60:20161017224110j:image

タンメン好きだけど人気1位じゃないと思うw

愛しの揚げ鶏には異論ないけどね

 

70品目のセレクトに疑惑あるんですよね

 

f:id:mizzn60:20161017220247j:image

なんでおにぎりがないのかと 価格ならおにぎり有利だとおもうんだけど。明らかに売りたい商品のような

 

 

野菜タンメンバカ売れのようでして、販促効果があればマクドナルドとか乗ってくるのでは?

 

興味深かったのは

 コンビニの女性利用客のシェアが半分まで増えてきたこと

 

その理由は中食ブームとスイーツのSNS投稿との話で納得  昔のコンビニは量とか売りでしたが今の弁当は小さくなりましたもんね

 

マーケティングとしては勉強になりましたわ

(ノ∀`)

 

明日は海老ドリアやな←

追伸

 ロケに使われてた四谷本社の下にあるセブンイレブン行ってみたいです><

セブン-イレブン 7FS7&i本社ビル店_φ(・_・

f:id:mizzn60:20161017230146j:image

 

先週末からこのツイートが話題になってるのご存知でしょうか?

 

30代が気持ち悪いのか クーポンをつかうことが気持ち悪いのか気になったので、この方のツイートを読んでいくと「勉強になった」「認識不足だった」とあるので本当にわかっていなかっただけのような気がしますが

 

300フォロワーでも炎上する時代なのか いろいろこの減少を考えてたんですが、なんでこうなったかまとめると

 

  • クーポン自体にせこいイメージがある 
  • 30代ならクーポンつかうな

 

間違っていない認識であるとおもいます
十人十色価値観はひとそれぞれですもん

 

イケメンがクーポン使うのなら問題ないのかもな

 

久しぶりにインストールしてみたら

f:id:mizzn60:20161017093452j:image

あんまり値段下がってないですね

昔の残り時間のタイマー付きではなくなってるのか

 

なんとなく世の中が節約に向かってるのが、どうなっていくのか マーケティングしていこうと思います!

 

 

 

先日テレビで放映して気になったのが 天王寺動物園の奇跡のニワトリのお話


“奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」 http://www.sankei.com/west/news/160604/wst1606040034-n1.html
まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。飼育員の河合芳寛さん(40)によると、子ガモは1羽だと人を怖がって餌を食べようとしないが、ヒヨコを一緒にすると、まねをして餌を食べるようになる。ヒヨコだったまさひろ君は子ガモの「先生役」になり、動物たちの餌となる難を逃れた。 最大の危機が訪れたのは昨年9月ごろ。鳥の楽園に出没するイタチを捕獲するため、3日間、「ネズミ捕り」の「おとり餌」になったことがあった。しかし、その間、イタチが現れることはなく、九死に一生を得ることになった。 通常、若鶏へと成長する過程で大型の肉食獣に餌として与えられるが、「偶然、申し出がなかった」。この強運ぶりが話題となり、10月下旬、飼育員2人の名前から1字ずつ取ってまさひろ君と名付け、餌にすることをやめた。 河合さんは「生き餌だったヒヨコを飼い始めるのは初めての経験。一般的に雄鳥は気性が荒く、人にあまりなつかないのだが、抱っこされてもおとなしくしているニワトリは珍しい」と目を細める。
えさとしてやってきたのに三度の危機を生き延びた「いつみても波瀾万丈」なニワトリのお話。 このニュース聞いたの2回目ですわ。天王寺動物園では常時展示していないのですが、人気は上位クラス。(コアラとトラだったはず) 奇跡のニワトリ まさひろくん

リアルなストーリだからこそ人は惹かれる

すでに関西では有名人になりつつあります。エピソードが強力だから、印象に残りますよね。

ストーリー提案というか宣伝の仕方だなあーと痛感しておりました。 小学校の遠足以来いってないんですが、旭山動物園的なカバの泳ぐ姿がみれる新カバ舎の展示がみたくて仕方ありません。サバンナ風な展示もあるし、久しぶりに動物園にいってみますかね。

天王寺動物園の新カバ舎

↑このページのトップヘ