マーケティングコンサルタント ミズン水上が 流行りものやこれから登場する商品や店舗から未来を予測していくサイト

大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

お店を差別化するためのネタ 集客術 飲食店ニュース

かっぱ寿司の食べ放題戦略の行き止まり感

投稿日:

突如勃発した回転寿司値下げ戦争 そのきっかけはかっぱ寿司でしょう

おそらくテストマーケティングとしての実施と思われます

平日の午後2時~午後5時限定
すしのほか、サイドメニューやデザートなど80種以上を70分間
男性は1580円(税別)、女性は1380円(税別)で楽しめる。65歳以上は980円(税別)
小学生未満は無料。アルコール飲み放題も680円(税別)で用意する。

全国20店舗限定で7月14日まで実施する。

我が町堺でもやってるんですが行列嫌いなんですよ

フォロワーさんのレポートによると

50組待ちって 14時からなのに開店から並んでる方もいらっしゃるとか
ひどいお店は10時間待ちとか

それなら90円のはま寿司に行きますよ

大昔マリンポリスの食べ放題で30皿以上食べた実績あるので元をとる自信はあります。
でも最近は量より質なんですよね。

400円だしてもおいしくないローソンのロールケーキは論外ですが、おいしいもんをそこそこ食べたいので。はじめてかっぱ寿司が大阪に上陸したときに天下取るとおもいました。ネタも豊富だし、おいしいし。

ところがだんだんシャリが小さくなり ネタもアレになって足が遠のくように そしてスシローが抜き去っていきました

 

回転寿司四天王は スシロー くら寿司 はま寿司 かっぱ寿司 のようですが

2015年の売り上げをくぐってみると

 

 

スシロー 1360億 店舗数 415
くら寿司 1035億     375
はま寿司 1010億     433
かっぱ寿司 803億    346

個人的に考える回転寿司店のイメージ

スシロー 変態シャリメニューと鮮度
くら寿司  無添加 びっくらぽん 保護カバーつき
はま寿司 平日90円 しょうゆの多さ 季節メニュー

と店の特徴が見えるんですが

かっぱ寿司って高速レーン作ってから特徴がないような? 平日90円とかやってましたけど 結局単価あげようとしている間に低価格帯をはま寿司に奪われたという感し。個人的に家電のコジマとだぶるんですよね 100円寿司はじめた業界の雄で2011年売り上げ1位でしたが、市場の変化(ポイント制度の導入)に出遅れている間に、後発に抜かれまくってという流れ

かっぱのキャラクターもリストラされてしまいましたもんね

別に食べ放題は悪くないとおもいますが、値下げって劇薬なので それを経験すると通常値段で食べれなくなりますもん=いわゆる安値覚え。特徴を出さずになんでこういう悪手を売ったのかとおもうとこういう記事が

 

かっぱ寿司は特色が打ち出せず、客数が減少するなど苦戦。2016年10月にはリブランディングしたものの、一時的な効果にとどまり、17年3月期は58億円の最終赤字に転落していた。

赤字転落して起死回生を狙ってのことなのか

さらにこんな情報も

 

「四方田社長はメイン銀行からメニュー、看板やロゴ、内外装などを刷新するように求められていたので、すぐに実施しました。かっぱ寿司の看板からカッパを封印、白い看板に赤と金の皿を重ねたシンプルなデザインにしたのです。『安っぽい』というイメージを払拭しようとしたのですが、これが逆効果。カッパの図柄は子供たちに大人気で、かっぱ寿司創業の地、長野県などでは総スカンを食い、コアなファンの客離れが起こりました。商品力を強化するのが先で、店舗刷新は後回しにすべきだったのではないか。人気だったカッパの図柄をもっと明るく楽しいものに変えるとか、もう少しロゴの変更を工夫できなかったのかと悔やまれます」(関係者)

かっぱさん><

いろいろ外食を買いまくってるコロワイドが買収してたのか でロゴ変更も成功しているといえない模様

この値段でドリンクバーついてプリンも食べれるということは原価を考えると品質があるとは思いにくい。新たな柱を作らない限りもうダメなのかもしれません。

 

 

 

-お店を差別化するためのネタ, 集客術, 飲食店ニュース
-

Copyright© 大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.