マーケティングコンサルタント ミズン水上が 流行りものやこれから登場する商品や店舗から未来を予測していくサイト

大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

どうしても気になること 大阪ニュース

なにわ筋線 その後報道について気になること 

投稿日:

先週3月16日読売新聞がぶちあげたなにわ筋線の話 いろいろ見えてきたことがあるので整理してみます

【大阪先読み】JR西日本と南海が計画中のなにわ筋線 土壇場で阪急も十三うめきた新線で乗り入れへ

取り急ぎ気になったことたいせつなこと

読売が汐見橋線を忘れてる← ではなく

阪急うめきた新線は確定事項はない件

各社の報道を整理します

産経

「なにわ筋線」に阪急乗り入れへ 事業計画案、大阪府、JR西など5者が協議
平成42年頃の開業を目指し、大阪府と大阪市、JR西日本、南海電鉄の4者と阪急電鉄が28年度内に結論をまとめる方向で検討を進める。(略)検討案では阪急が新駅と十三駅をつなぐ新線を建設し、なにわ筋線に乗り入れる。新駅で乗り換える案もある。阪急は十三-新大阪の鉄道免許を取得しており、将来的には新大阪に新駅を作る構想もある。阪急電車となにわ筋線の連絡が実現すれば、神戸・京都方面に延びる阪急沿線と、和歌山方面に延びる南海沿線が1本につながる、関西の新たな南北軸が誕生する。

3月中に結論でること 阪急は流動的なイメージ

さらに日経

なにわ筋線30年開通 JR・南海運行、新駅以北は阪急交え協議

大阪市中心部を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」を巡り、大阪府と大阪市、西日本旅客鉄道(JR西日本)、南海電気鉄道の4者が2030年の開通を目指すことで最終調整に入った。大阪市などが出資する第三セクターが建設し、JR西と南海が線路を使う「上下分離」方式とする。JR大阪駅北側でJR西が整備中の新駅から北側の路線については阪急電鉄を交えた5者で協議する。なにわ筋線はJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の地下で整備中の新駅「北梅田駅(仮称)」からJR難波駅周辺までの約7キロメートルを地下トンネルで結ぶ計画。完成すれば大阪駅から関西国際空港までの所要時間はJRで約66分から最速約40分に、南海では大阪市営地下鉄梅田駅から難波駅で乗り換え約56分かかるのが最速38分になる。協議では南海が北梅田駅までの鉄道免許を取得し、JR西と南海の両社が新大阪―関西空港駅の間を共同運行する方向で最終調整中だ。新設する三セクが鉄道インフラの整備資金を負担し、鉄道会社が長期的に運行収益で返済する上下分離方式が採用される見通しだ。北梅田―JR新大阪駅の区間までは4者で協議する方針だった。だが阪急電鉄が阪急神戸線十三駅と北梅田駅をつなぐ新線構想を「なにわ筋線関連事業」として協議するよう4者に打診。北梅田―新大阪駅と北梅田―十三駅の2区間については阪急を含む5者で協議する方向となった

阪急の政治力ハンバないって とりあえず北梅田までは確定 阪急がその先に混ぜてと乱入したことになります

なにわ筋線の主体は南海になるんですね(上下分離ならJR東西線のイメージ) 本当に南海が梅田に行くのか(歓喜)共同運行と採算を考えると南海難波地下新駅なんでしょうか

まあとりあえず阪急さんの政治力はうめきたから先の話なので作りながら考えるということかと

それよりも南海の接続場所がどうなるか (南海はお金もちではないと考えてる派)
天下茶屋の急行停車や堺筋線との接続レガシー活かすなら汐見橋接続なんだけど

今朝の日刊建設工業新聞に進展が

大阪府・市、JR西日本、南海電鉄/なにわ筋線整備で合意/最短で21年度着工 [2017年3月21日10面]

大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道の4者は、大阪都心部と関西国際空港とのアクセス向上が期待される「なにわ筋線」について、最短で21年度の着工、30年度の開業を目指すことで合意した。大阪市などが出資する第三セクターが新線を建設し、JR西日本と南海電鉄が線路使用料を支払う「上下分離方式」を採用する方針。各者の意思決定を経て、4月末にも費用負担割合などを盛り込んだ計画案を示す予定だ。阪急電鉄も十三駅となにわ筋線を接続する新線構想を提案しており、5者間で具体化の検討を進めていくことも合意した。
なにわ筋線は、JR西日本が大阪駅北側のうめきた2期区域(大阪市北区)に建設する新駅「北梅田駅(仮称)」から、なにわ筋直下を南下し、堀江付近で分岐してJR難波駅と南海線をそれぞれ接続する路線。全線地下構造となる。
近畿運輸局や大阪府、市、鉄道事業者らで構成する検討会が09~11年度に実施した調査では、▽中津▽福島▽中之島▽西本町▽西大橋付近-の5カ所の中間駅を想定し、さまざまなケースで需要予測・費用便益分析、収支採算性などを試算。「JR難波・南海難波ルートが比較的良好」と結論付けた。完成すれば大阪都心部から関西空港まで直接結ばれ、所要時間の大幅な短縮が期待できる。建設費は4000億円程度が見込まれている。関係者は早期の事業化を目指しており、4月末にも中間駅や事業費、費用負担割合などを示した計画案をまとめる方針だ。詳細なスケジュールは未定だが、最短で21年度の着工、30年度の開業を目指す。

4社間では合意できたという報道ですね 費用負担などの計画は4月末に公表とのこと

なにわ筋線全線地下ということは汐見橋線地下接続濃厚なんでしょうか 第三セクターなら利便性も考慮されるし 汐見橋ー桜川が乗り換えしやすいことで近鉄や阪神にもメリットでてくる

阪急新線ってロマンはありませんが 西大橋からの南のルートがどうなるか考えると地下鉄漫才のように眠れなくなりそう 汐見橋のあたり視察にいくことにしますわ

-どうしても気になること, 大阪ニュース
-

Copyright© 大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.