マーケティングコンサルタント ミズン水上が 流行りものやこれから登場する商品や店舗から未来を予測していくサイト

大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

映画見てきた

柘榴坂の仇討ち見てきた 

更新日:

映画の日に時間が取れたので
映画見に行ってきました

20141002-100724.jpg

実は初の時代劇映画鑑賞です

きっかけは先月映画の宣伝の一環として中井貴一さんが
TBS『A-Studio』に出た時の二つの言葉

姿形は変われども、変えてはいけないものがある

時代劇だからというフィルターをかけないで見に行ってほしい

上が鶴瓶さんが締めの言葉に使ったセリフ
下が中井貴一さんだったはず

へんこな人ですが素直な性格なので
この二つの言葉を信じて見に来ました←

基本的に映画見る時は事前情報入れません
とりあえずネタバレなく映画を見ることが
自分のポリシー

だからこのブログも浜村淳とは違ってネタバレはしません
(ようつべに映画サロン ネタバレ音声あるお)

ネタバレなくて書くのは難しいんですけど これきっかけで
見てくれる人がいたらそこそこ嬉しい

客層は全員自分よりかなり年上
R60くらいの感じでした

少しうるさい
あさイチのわがままシニア問題思い出してブルー

ストーリーは桜田門外の変で運命が
変わったとある武士の物語

色々あるとおもってましたが
後半はずっと泣きっぱなしでした

武士の精神
主君と家来の関係
中村吉右衛門さんの台詞
13年間の重さ
舞台挨拶の花の意味
助太刀します輪唱
安定の久石譲ミュージック
名前を拝借
etc

姿形は変われども、変えてはいけないものがある

一新することが文明ではないですよね

涙のリフレインが止まりません

武士道とは死ぬこととみつけたり
ワールドカップでのサムライブルーに
そういう本心があったのかと小一時間

そんなこと考えてました

最後の山場までの盛り上げが素晴らしい
大音量と大画面の時代劇新鮮でしたし
しみじみできました

当時の時代背景の知識なくても見れます
セリフで説明してくれるので候

映画見る時とポスターの意味がわかります
阿部ちゃんほんまに立派になったわ

驚きだったのは広末涼子さん
ええ女優さんになりましたね

ああいう健気女性と結婚したくなりましたし←
井伊直弼の人物像も勉強し直すつもりです

ある舶来品の風習ぶっこみと
ラストシーンが少しもやもやしたけど

HONTO電子版で購入した原作読んで納得
(なんと108円ステマ←)
短編なんですよね

原作の方が色々粗いよね
脚本家が本当にいい仕事してました

映画みてから原作読むことをお勧めします

この読了感なら蜩ノ記も行くかもしれん

柘榴坂の仇討ち 公式サイト
http://zakurozaka.com/sp/index.html

PS

垣根を超える努力は必要ですわ

>

-映画見てきた
-

Copyright© 大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.