マーケティングコンサルタント ミズン水上が 流行りものやこれから登場する商品や店舗から未来を予測していくサイト

大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

どうしても気になること 大阪近未来研究所

「ルクア イーレ」地下2層を刷新 三越伊勢丹大阪はさらに面積縮小でデパ地下撤退

更新日:

三越伊勢丹、大阪「デパ地下」から撤退
2017/2/15 14:00[有料会員限定]
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15H0Z_V10C17A2EAF000/

三越伊勢丹ホールディングスはJR大阪駅北側の商業施設「ルクア イーレ」で自社の売り場を最大で半分に縮小する。「デパ地下」と呼ばれる地下の食品売り場などから撤退し、面積は7千平方メートル程度になる。同社は2011年に大型百貨店「JR大阪三越伊勢丹」を開店したが販売不振で売り場を縮小。その後も業績不振に歯止めがかからず、さらなる縮小を迫られた格好だ。(省略)(

閑古鳥でしたがついに大阪にたったひとつなかったものが閉幕ですか

大阪にたったひとつなかったものは 伊勢丹三越の市場 JR大阪伊勢丹三越の失敗
http://sundevote.com/2014/02/09/post-7602/

ルクア1100になった時点でだいぶ三越伊勢丹独自なくなりました
今回が地下の食商品売り場をなくしてバルを広げるとのこと

日経の後に後追い記事が来てます

「ルクア イーレ」地下2層を刷新 三越伊勢丹はさらに面積縮小

20170219-223300.jpg
https://www.wwdjapan.com/383243

JR西日本SC開発は、大阪・梅田の商業施設「ルクア イーレ」の地下フロアを今秋から来春にかけて全面リニューアルする。対象となる地下1階・2階のフロア面積は約6200㎡、投資金額10億円規模の大改装だ。地下2階はデパ地下食品売り場「イセタン フードホール」を1月末に閉店し、好調の飲食街「バルチカ」を秋に拡張する。一方の地下1階は三越伊勢丹が手掛ける服飾雑貨「イセタン シューズ&バッグス」を閉店、「イセタン アクセサリーズ」を4階「イセタン クローゼット」に集約。今冬から来春をメドにアパレルを中心にテナントを誘致する。改装によって三越伊勢丹の売り場面積は全体の1/5程度に縮小。1階の物販「イセタン シーズナルセレクション」、2階の雑貨「イセタン アーバンマーケット」と化粧品「イセタン コスメティックス」、8階のメンズ「イセタン メンズスタイル」が残る。

 「ルクア イーレ」はJR大阪駅に2011年に開業した「ルクア」の西館として、15年4月に開業。平成28年度3月期の売り上げは東西館合わせて761億円、来店客数は7700万人を突破した。地下では特に「バルチカ」が人気で「昼から飲めるバルを集めたフロア。想定以上の集客で伸びている。界隈に飲み街は多いが、女性グループが気軽に入りやすい空間が好評を得ている」と同社。改装では同コンセプトを踏襲し、飲食店を拡大する。

1月末で閉鎖という話題が聞こえてきてたわけですが あの封鎖空間っぽい雰囲気がやっぱりデパ地下食料品売り場の苦戦の原因でしょう あれは設計ミスですよ。ルクアイーレで数字が急激に回復できたのでさらに拡張ということでしょう。
バルチカ拡大よりも赤福復活期待してたのに(ムリゲー)

京都は伊勢丹を受け入れたけど 大阪は三越を拒絶したという感じでしょう
今年の秋にどうなりますやら

-どうしても気になること, 大阪近未来研究所
-

Copyright© 大阪のブログ集客アドバイザー サンデボーテ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.