元携帯販売スタッフが気になったことを覚めた視線で熱く語っていくブログ

サンデボーテの大阪マーケティング日記

お店の売上を上げるためのネタ お店を差別化するためのネタ

飲食店の売り上げを取り急ぎ上げる方法 ランチの見せ方 

更新日:

いつも街を歩いてて唸ってしまうことがあります

飲食店に対する素朴な疑問でもあるんですが
店名の宣伝にはやっきになっているが
メニューの宣伝をしていない店がかなり多いと言うこと

大きな行灯は良くあるけど 何が売りがわからない

マクドナルドなら店名告知する意味もあるけど
街の店って味を覚えてから店名だと思うんですわ

今度できた瓦屋町のあのお店美味しいよね
これが最初のイメージのはず

その店を認知して貰うにはとにかく食べて貰わないと始まらないわけだ

どこでも昼のランチはある
POPでも 昼ランチ 780円 とかハンバーグ定食880円とか
黒板で書いてたり パウチにして貼ってる店って多いけど

その表記だけで知らない店に入れますか?

自分は業界経験者だし接客業も経験してるし
値段に厳しい人間なので特に目線がおかしいんですけど
メニュー写真の無い店は入りずらい

昔百貨店のファミリーレストランっていろんな意味で高い感じでしたけど
入り口にいわゆる食品サンプル有りましたよね
フォークが浮いてるスパゲティとかで心がときめいたもんです

あれで値段と大きさのバランスと判断して中で注文して
実物と見比べて一喜一憂するのも楽しみ

喫茶店でも今日のランチとかサンプルあったり 
実物おいてる場合は知らない店でも安心できて入りやすいもんです

500円ランチでも値段だけでは判断しにくい

そういう目線で明日街に出てみてください

大阪はサンプルや写真の紹介少ないですわ
メニューや金額のPOPは目に付くけど

そういう店に限って中が磨りガラスで見えなかかったり値段表示で中が見えない

ファミレスや屋台だと外から中が見えるので雰囲気わかりますよね
値段のバランスも判断できる

初めて行くことが多いフードコートでも
値段やメニューがわかりやすいのも同じ理由ですよね

まあ売上の低迷とか コストの関係でサンプル使うのは
難しいかもしれないが写真をいれたPOPって難しくないはず

その店の売りのメニューだけでも
ええんですけどねえ

パソコンまわり苦手な人多いから
やりたくてもできないかもしれませんが

そういう方がいらっしゃったら外野からの目線で相談に乗りますので、まずはお気軽にお問い合せ下さいませ

-お店の売上を上げるためのネタ, お店を差別化するためのネタ

Copyright© サンデボーテの大阪マーケティング日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.