元携帯販売スタッフが気になったことを覚めた視線で熱く語っていくブログ

サンデボーテの大阪マーケティング日記

お店の売上を上げるためのネタ

1房3000円のぶどう ナガノパープルをバカ売れさせるための方法論

更新日:

高いから売れない商品 安くしたら売れるのでは?という安直な考え方ありますよね
でも発想で変わることがあるんですわ

ナガノパープルとはこちら

http://www.nn.zennoh.or.jp/fruits/2013/03/post-25.php

長野県オリジナルの黒紫ぶどう
「スナック感覚のぶどう」

ナガノパープルは、2004年に「巨峰」と「リザマート」を交配し、長野県果樹試験場で開発した新品種のブドウ。育成されました。甘みの強いぶどうです。種が無く高糖度で皮ごと食べられる黒いぶどうで、手を汚すことなくおしゃれに食べられます。

 

ナガノパープル

  • 先日 日経MJで興味深い記事が載っていました
    「ナガノパープル粒売りで拡販」

    まだ開発中の話なんですが、

  • 皮が薄くて栽培しにくいので一房の粒を少なくすること
  • その粒を大きくすること
  • 粒が落ちてしまったブドウでも販売できること
  • 女性や単身世帯で食べる機会を広げるために粒売りすること

出始めの値段は1房3000円 通常は1000円から2000円ということなので、手に取りやすい値段になることは明白 輸送途中で粒が外れたら売り物にならないそうなので、その救済策にもつながるのでいくつものメリットがあります。

 

熟成肉でもおいしい肉であれば一口ステーキでも旨みってわかるはず。そのことをいろんな商売に応用してみてはいかがですか?

 

 

小生こういうマーケティングを考えるのが好きな人でございます。

マーケティングとは ひとことでまとめると
商品が売れるようにするための企業活動
「顧客が真に求める商品やサービスをつくり、その情報を届け顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念

いいものを作っていても顧客に伝われなければ売れないわけです
料理をつくることは得意ですが、それを伝えるための方法論は難しいわけです

そのためのお手伝いをするのがわたくしの仕事です

売上が落ちてきているけどどうしたらいいかわからない
ホームページに興味あるけど何をどうしたらいいのかも見えてこない
ブログやツイッターしてるけど集客につながらない

外部から客観的にみて、お店の優位性を探すお手伝いをさせてもらえば幸いです
なにかひっかかるものがあればご相談くださいませ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/

-お店の売上を上げるためのネタ

Copyright© サンデボーテの大阪マーケティング日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.