大阪の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

なぜ近鉄百貨店ハルカス本店が儲からないのか

その答え

立地と大阪のデパートが完全にオーバーストアだから


ハルカスの地下食料品売り場の品ぞろえは重宝してるんだけどねえ。 お取り寄せグルメガンガン置いてるので。

何回かこのマーケティングブログでも語ってますが
まずこの新聞記事をまとめてみると

「日本一」生かせず苛立つ近鉄グループHD なぜ本店が儲からないのか - SankeiBiz(サンケイビズ)
「若年層の取り込みを狙ったが、うまくいかなかった」

ハルカス内の展望台やホテルは好調で、来場者が押し寄せる。
「なぜ本店が儲からないのか分からない。近鉄百の動きが悪すぎるのではないか」(関係者)と不信感も募らせていた。

逆に、近鉄百は売り場の改善などを求める近鉄の意向に沿って対応したという意識があるが、売り上げは思うように伸びない。
「そもそも需要に対して売り場面積が大きすぎる」(流通業界関係者)との声も高まるなか、
上向かない業績と成果を迫る親会社とのはざまで、近鉄百は苦悩を深めていった。


デカすぎはありえますよね。 もともとの百貨店7階建てくらいだったはずだし。


個人的に思い出すのが似ているとおもうJR西日本伊勢丹三越

基本的に大阪はオーバーストア気味であること
そもそも天王寺は梅田なんばの次の存在であること
展望台入口をデパートと分けてしまったこと
電鉄側とデパート側が不仲なこと
ターゲットを理解できてないこと
この辺が理由ですよね


あべのキューズモールあるのに
ヤングな女性がテラハにいくのかどうかということ
百貨店はヤングターゲットではないし。

大改装したけど世間はファストファッション時代に効果あるのかどうか

アベノ近鉄にヤングが来ているイメージがそもそもなかったし
初年度予算1450億ってミナミの巨艦 なんばの高島屋くらいの金額

そこまで来場者多くないはず

イベント増やしてるけど シルバーに特化したほうがええのかもしれません
とことんチャイナ迎合路線でいくとか
何かをかえていかないと
埋没していくだけのような気がします

南大阪線でも四桁売り上げあげてるのであれば 大阪線と奈良線沿いにハルカス建ててれば(震

(関西で売り上げ1000億越えってうめはんとなんば高島屋のみ)

ソフマップとかユニクロのようなテナント入っていくかもね

追記 2017年11月追記

ソフマップ入って出ていってエディオンになりましたよね。
ソフマップもあれだったのかも

初めまして わたくしサンデボーテ代表のミズン水上と申します。


この度は当ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 検索して頂いた縁と、このサイトに足を運んで頂いた事を本当に感謝いたします。初見の人に年齢をいうとほぼ驚かれる45歳です。
 
 
人生いろいろ 男もいろいろということで
いろんな業界でいろんな仕事をしてきました
 
法人営業
家電販売
洗車サービス
飲食業
運転手
ドライバー
接客業もろもろ
 
天職を探すために転職数知れず。結局雇われることに向かないことだけはわかりました。
 結局自分自身のやりたいことができなかったので、ブログで集客のコンサルタントをはじめることになった次第でございます。


堺市を拠点にデジタル便利屋サンデボーテを運営しております。

 

メインはインターネットやSNSでの集客アドバイス スマートフォンやiPhoneの操作サポート 家電の購入アドバイス など


 

ここまで至るまでに様々な以前は様々な商売をしておりました。

大学卒業したのはちょうど就職氷河期のころ 就職するのも一苦労で何とか新卒で入社したもののかなりアレな会社で入って後悔しましたが、いろいろな営業のしくみ学ばせていただきました。

その次は家電量販店

あの時は勢いあった会社で飛ぶ鳥落とす勢いで関西に出店ということでご縁があって転職することに。ここでパソコンの楽しさと接客の楽しさを学びました。

ちょうどパソコンの黎明期でWindows95→98への移行時期 今振り返るとインターネットの普及が始まったころでした。テレホーダイで世界が広がっていくことを、体感できたのは 今の経験にも役立っています  

パソコンのフロア長の頃地方転勤時に母親の入院でやむなく転職。 大阪でビジネスコンビニの仕事を行う。

コピー代行や名刺作成 チラシ作成などのビジネス代行がメインでした。人手不足の会社だったので自分でイラストレーターやフォトショツプを独学でDTPの技術を習得。

念ずれば欲す 必要は発明の母という言葉の意味を知りました。

社長がワンマン過ぎたことに嫌気をさして再び転職全く畑違いの洗車サービスを行うことに。きっかけはいろいろあったんですが、自営の父親に似ていて指示されるのが苦手だったので。

 

こちらも独学でドメイン取得して、ホームページを作成するも全く反響なし。お手製のチラシ配ってもアクセスが増えませんでした。そこでブログとの連動やSEOを研究。いろいろ仕掛けていたときに、とあるブログ記事がはてなブックマークされて大騒ぎに。

 

きっかけでホームページがそれが認知されグーグルの検索ランキングも日々上昇してメディアからも取材を受け売上もアクセスも安定するようになりました。

 

身をもってSEOの威力を思い知りさらに研究するうちに、いろいろあって洗車サービスを譲渡

 

飲食業界に転職を決意し 畑違いのたこ焼き店に就職。

ここでお客様との個対決という商売の楽しさを学ぶ。QSCを突きつめて売上回復し店長に昇格。 

 

この商売がんばろうとおもっていたら父親が倒れて商売の後を継ぐことに 長男だからしかたないけど運送業の楽しさはこころの底から理解できなかった。

 

そしてサンデポーテを始めたワケでございます

 

インターネット集客やホームページ作成する会社は多くありますが営業 接客 販売 自営 飲食という 自らの叩き上げでの経験とブランド作りのノウハウを活かし、これからネット業界にデビューするあなたの羅針盤になれれば幸いでございます

 

これからもよろしくお願いします

 
 
 
基本的にサラリーマンと言う職種が苦手なひとい毎日の総意工夫が収入に直結する醍醐味が忘れられなくて。月給を自らの手で稼ぎたい人
エピソードは山ほどアルのですが
 
家電量販店で営業のスタイルを店舗販売に持ち込んだらいとも簡単に顧客つくれたわけですわ。
 
誰もそういう意識で接客してなかったので、会社から自分は浮いてました。
 
でも気にならなかった。
目の前のお客さまに喜ばれる事が売しかったから。そのためにどうしたらいいかを考え抜えてただけ。
 
その答えが分からないことを探す試行錯誤が一番の醍醐味なんですよ。
 
家電店でフロア長になったので、だいぶ変なコーナーにしたけど、お客様と担当営業さんからだけは支持されてました。指名客がかなりいてましたから。自分が転勤したら売上急減したと聞いたのはうれしい話ですね。(飲食店も自分がやめたら店潰れてたもん)。
 
出る杭は打たれるところを超えて売上上げてあげたから
会社から文句はいわれなかった
 
ただ休みの日にはお前がいないからややこしい
早く来てくれと電話かかりまくってましたけどね
 
ややこしいと言う時点でアウトなんだけどね
 
お客様は神様とはおもってない
 
だけど来店してくれたからには
その要望を叶えたいし
できるだけ手ぶらで帰って欲しくない
ただそれだけのこと
 
そのためにどうしたら喜んで貰えるか
それだけを考えてた
 
出世していくにつれて
売場に出れなくなったけど
それでも指名ばっかりされてた
 
まあそれからいろいろあって
飲食業にも販売接客の手法取り入れたり
自分のブランドでも勝負したくなって
未経験なのに洗車業はじめたりした
 
ほんまにゼロからの立ち上げだったので
ホームページやブログの自作でSEOを考えたり
チラシ配りやSNSでいろいろ集客してきました
NHKとかの取材依頼を受けるようにもなってきた
 
まあそこでもいろいろあって
紆余曲折があって 今があるわけです
 
まあ食うために仕事しなきゃいけないけど
履歴書を数多く書いているうちに
 
飲食業界にもいてて 店舗での販売経験もあって
法人営業してて ホームページを作れる
集客コンサルタントはそんなにいないのではとおもった
 
アメブロカスタマイズしてて 読者数字自慢してたり
○○円稼ぐ方法公開とか書いていながら
自分のランキング公開してない人が多かったり
 
ホームページ制作会社なのに SEO検索しても
会社の名前が出てこなかったり
会社名で検索すると 詐欺とかでてきたり
SEOの実績アピールしてるくせに営業電話かけてたり
 
基本的にホームページ周辺のコンサルタントは
なんだかなあとおもった
 
自分がいつも考えてた 売り手よし 買い手よし 世間よしの
【三方よし】 売り手を買い手を繋ぐ仕事ができるのでは
とおもってこのサンデボーテをはじめました
 
独学の叩き上げでここまで来てるので
引き出しはたくさんあります
飲食業はしてないので引き出し開ける機会は多くないけどw
 
どんな店もすべて同じ法則や理論が通用するとは
おもってませんが答えは必ず現場に落ちてます
現場をよく見て やり方をアドバイスできればと
 
ひとりで悩んでも 新たな発想は生まれません
 
セッションすることで 新たな答えややり方も見つかります
悩めるオーナーの知恵袋になりたいと思っています
 
それが集客コンサルタントをはじめた理由です
 
残念ですがプロではありません
あまちゃんとおもってます
 
だから悩める小さな店のオーナーが気軽に相談できて
使いやすい値段にするために
今もいろいろも模索してます
 
集客や飲食店運営で何か悩んでいる方がいたら相談してみてください
きっと何かの役に立ちますので
 
飲食店のための陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪堺のネット便利屋  サンデボーテ
 
 
問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
 

2015年1月15日 フジテレビ バイキングで紹介されていたのが

プロが教える問題もあるレストランの見分け方とよいレストランの見分け方
自分も飲食店勤務経験ある人なので補足もいれていきます


問題のあるレストランの見分け方


第五位  人気があるとすぐに二号店を出す店
同じスタッフを揃えるには資金もいるし
オーナーの体が2つないので自分の分身が必要であるし味も維持することは難しいと言うこと
飲食店の二号店は一大イベントなのでこの指摘は正解です(経験者)

第四位 ステーキをアツアツの鉄板で出す
焼き方を聴いていないことになるし ほどよい温かさの方がよい店だとか

第三位 厨房のスタッフのユニフォームが黒い
これは鉄板ネタです 焼肉とかほぼ全部ですもん 。理由は汚れが目立たないから 。レベルが高いと汚れないので白い服を着れるということ。


第二位 開店三時間前に店員がいない

もちろん仕込みしてるから 3時間前に気配がないということは店で仕込みしていない証拠。営業時間前に準備してないと店回せないのが 飲食店の常識ですもんね 。だから長時間勤務になりがちなんだけど。

 
第一位 看板メニューが3つ以上ある
逆に看板のメニューがわからなくなるし 味も落ちていくだけとのこと 。



よいレストランの見分け方


第五位 刺身の切り口に角がある
お刺身やカルパッチョは切った瞬間なら角があるんですが 、時間が経過すると丸くなってしまうとのこと 。

第四位 看板メニューの付け合わせに力を入れている
お寿司のガリ ハンバーグのポテト カレーライスの福神漬けなど 脇役が美味しい店であれば看板メニュー以外でも外れが少ない。


第三位 食器の温度が料理によって違う
温かいものは温かい皿 冷たい料理は冷たい皿で 美味しく食べてもらいたいという気持ちの表れ。


第二位 ホールスタッフとよく目があうお店
自分はこれが一位かもしれません お水欲しいとか注文したいとか 察する前にさりげなく動くと おたがいに気持ちいいんですよね 。呼び鈴有る店はその権利を放置しているということ 。

第一位 満席時に待ち時間を教えてくれる
忙しくて何分になるかわからないということではなく おおよその目安を言ってくれる店 。店の状況をきちんと把握できていることの証明 。


よいお店はつねに感じのよい対応をしてくれるということ なんですね。
いやー勉強になりました わ。是非参考にしてみてはいかがですか   。
          

ヤマダ電機ってどういうイメージありますか?

自分としてはその業界に
居てたことあるので
ここでは書ききれないんですが
誰でもわかりやすい
出来事をここ二週間くらいで
経験したのでご紹介します

先日お客様からスマホの
カバー探して欲しいと言われたので

どれがあうかわからんということで
近くのヤマダ電機に行ってきたわけです


いわゆる郊外の大型店です
店名はぼかしておきましょう

最近スマホ用品の売り場を変えて
スマホカバーとかアイテムの展開も多くヨドバシっぽくなりXperiaだから簡単に
探せるとおもてました


機種は急激な値下げで
個人的にも気になってる
Xperia Z3 compact

お客様に探しても見つからないと
言われたんですが
売り場で一瞬で理解できた

その展示の方法に呆れた


店内写真禁止だから
貼り付けないけど


商品区分がバラバラ

Xperia Z3 compactって
11月に出たばかりの機種で
まだカバーやフィルムが
製品が揃ってません


例えはXperiaなら
今現役なのが
ドコモをベースにすると

Z3   
Z3conpact
Z2 
 A2
Z1f

この辺

展示コーナーもこれの
くくりにすればいいんですが

新しい商品のコーナーを作らずに 
空いたスペースに新しい商品を
展開してるだけなんですわ


つまりZ2のとあるカバーが
廃盤になってスペースあいたから
そこにZ3compactのケースを
そこに置くという感じ

Z2 Z3 Z3C Z2  Z2


しかもこの商品サイズ違うんですよ

だからZ3compactのケースや
フィルムがXperiaブロックの中に
バラバラに点在してるw

しかも空きスペースがなくて
他のシャープとかの場所に
置いてるカオスっぷり


しかもauにはZ3compactないんだけど
auXperiaの中にA2やZ3compactのフィルムがある(白目)

簡単なことだよね

売り場の整理して
Z3のコーナー作れば
いいだけやん


それの手間を惜しんで
並び替えないことが大問題やん

展示コーナー広げても
中がこういう感じなら
意味がないよね


その日もおそらくバイトらしき軍団がしゃべりながら品出ししてました。現場みてない社員がよくないんだけど。社員が品出ししてないことを願うのみ


さらにepisode2


正月早々蛍光灯がつかなくなって
地元のディスカウントショップにいくも
年末の需要増で売り切れ

仕方なくとあるヤマダ電機に移動

必要なのはパナの蛍光灯なんだけど


アマゾンで検索すると
最安値で2000円程度

急ぎなのでヤマダ電機に
いったら

まさかの3500円台w


ポイント15%還元と書いてるけど
高杉開発だろ(大阪ローカルネタ←)

エディオンにいくと
2500円くらい

イズミヤ2400円くらいだったのだ
イズミヤで買いました


ポイント還元あるから安いと
思わせてるけど
こっそり定価あげてるだけだよね





まあ妥当な価格ですわ


店舗来る人ならネット見てないと
おもてるんやろか


商いの精神はどこにいったんやろか
(遠い目)

↑このページのトップヘ