大阪の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

以前ヒルナンデス  あの行列店のヒットの裏側を調査するんですという特集が マーケティング的に面白かったのでまとめてみます。

 

コメダを知る7つの秘密

その1 お店は住宅地に建っていることが多い

→幹線道路沿いだと速度が速くて駐車場に入りにくいが 住宅街の生活道路沿いなら入りやすいから 出入り口も2カ所有る店が多いとのこと

 

その2 店頭には主要な新聞 雑誌を置いている

→お客様にくつろいでもらうために 原則全店で新聞雑誌を置いている 何を置くかは地域により店ごとに決めているとのこと

 

その3 コメダのソファー席は半個室空間を演出している

→間仕切りをおくことで周りのお客様と目が会わなくなっている 話しやすくストレスがかからないように向かい合うソファーの距離も調節 ソファーも特注品だとか

 

その4 モーニングサービスは必ずアツアツのゆでたまごがついてくる

→11時までにドリンクを頼むと無料でパンとたまごがついていきます 愛知では有名なサービスなんですが 玉子の皮がむきやすいように 冷水につけるのですが すぐに取り出すことでホクホクのゆでたまごが 楽しめるとのこと

 

その5 一番人気!シロノワールは人数分に切り分けしてくれる

→シロノワールは特製デニッシュパン 空気がたくさんいっていて 中はふわふわ あったかいパンの上に冷たいソフトクリームがかかっているシロモノ 人数に合わして切り分けしてくれるのは便利ですよね 多くの料理でも切り分けできるのば便利ですね

モーニングサービスでも横浜の店ではパンの焼き方 バターの多さとかも選べるようです

ほんまに細やかな対応で気が利く店ですわ

 

その6 大人気のサンドイッチメニューの味は創業当時からほぼ変わっていない

多くのメニューが変わっていない訳 新製品を投入すると 何かやめないといけないので 新商品に替えるより いつもの商品がある安心感を大事にしているとのこと

 

→ホットサンドあみ焼きチキンとスクランブルエッグトーストおいしそう><

 

その7 コメダ珈琲のコーヒーチケットは有効期限がない

3100円で9枚綴り 買ったお店てでしかつかえないから 常連客になっていくとのことで使用期限を決めてないそうです

 

お客さんにくつろいでもらう事 常連客を大事にしているという事

やみくもに回転数をあげることよりも また戻って来たいという価値を提供することで 成長していることが確認できました。


くつろぐ、いちばんいいところ

世の中で流行っているものにはかならず理由があるということですね 勉強になりました

 

見知らぬ街に引っ越したときや初めていった旅先って
見るもの全てが知らないものばかりで不安になりますよね

そういうときに地元にあったファミレスのブランドや
コンビニを見かけるとほっとしますよね


知っているブランドだから
安心して買い物できるから


海外にいっていろいろトラブルあるのは
値段も雰囲気も何も知らないから

お金をかけて旅行にいったのに
行くんじゃなかったとおもうのは悲しい


先に調べておくべきなんです


売りこみに来た営業マンからモノを買わないのも
誰か知らないという理由もあるはず


なじみの店は安心してのみ食べ出来るけど
知らない店は勝手がわからんので
居心地悪いのと同じことですわ


知らない人からモノを買わないから





流行ってない店 入りにくい店って
情報がわかりにくい

中が見えなかったり
値段やシステムがわかりにくい場合が多い


透けてる店の方が中の様子がわかって入りやすいし
どんな商売かもわかりやすいから
認知されやすいわけです


知名度がないのは立ち上げたばかりの新店では
仕方ないこと

店のブログつくってチラシとともに情報発信してばいいんですよ


自分は社長さんや経営者と会うとき 
必ず個人ブログやホームページを熟読します


それで気になった出来事をさらっとネタにして
確認するわけです


そうしたら驚きますよ
こちらとしては頭の中が理解できるし
価値観もわかるので
初めて合うような感じがしないわけです



ある飲食店の経営者も 入社前におれの店長ブログ
読んでるスタッフは長続きするよといってはりました


これも同じ意味ですよね


胸の中を吐き出してるから 共感しやすいわけです


あなたの店の情報公開すればいいだけ
費用はかかりません

こういうことやりたいです
だから出店しました

それからはじめればいいんですわ


きれいな文章や内容にこだわるのではなく
伝えるべきなのは気持ち=パッション(胸タタキながら)


好きなだけ語って下さいな


ツイッターでは文字が足りないし
フェイスブックではかしこまりすぎるから
ブログでひらめいた勢いでだっーと書く方がいいわけです



自分もそれを毎日続けて居るだけのこと
内容よりもパッション


どんどん思いを語ることで
知らない店から脱出していきましょう

----------------------------------------------

大阪堺のサンデボーテでは様々な角度で
あなたのブログを客観的に無料で評価します

身内や知り合いの人以外の覚めた視線が
あなたのブログの本当の評価です


無料診断いたしますので
お気軽にご相談ください

また売上やブログのご相談もお気軽にどうぞ

サンデボーテへのお問い合わせ
LINE@sundevote


先日ツイッターでばずってたのがこちら   こういう体験っていいなーとおもってるけど 実現したことはない

とあるコンビニでは新商品バカとかお試し券とかあだ名になってるかもしれませんけどね(意味深

常連って同じ店に通い続けることですが 、研究によると1週間に三回くらいいくと 認知される可能性が高いということなので 頑張ってみるつもりです  。


ドトールについては禁煙じゃないお店という認識しかなかったのですが 、くぐってみるとなかなか面白いお店のようです 。


スタバもいいけど…『ドトール』の常連客への対応がオモシロい - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2144014337315334201

image


いい意味で意識高くない系のお店なのか スタバに立ち入るのが怖い自分には ドトールはいいかもしれません。
  とおもてたらこういうキャンペーンが
http://doutor.eng.mg/13ebe

なんかいい感じですよね。  コーヒー苦手ですけど 行ってみますか←

↑このページのトップヘ