大阪堺の飲食店のブログ集客アドバイザー サンデボーテ

サンデボーテとはパソコンやデジタル家電が苦手な大阪の個人飲食店に対して集客の悩みや販促チラシの作成 ホームページやブログ制作などのネット集客のためのアイデアを飲食店オーナー様と一緒に伴走するネット集客アドバイザーです。

飲食の店長を経験もあって 店舗での家電や携帯の販売経験もあって
法人営業もしてて 洗車サービス立ち上げて趣味ブログが好きで
ホームページやイラストレーターを独学で勉強した結果
趣味のブログPV月間30万あって  インスタフォロワ―数2万にいてる
ブログ集客コンサルタントであり陽の当たる場所へのネットナビゲーター
大阪府堺市出身


サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/
LINE@sundevote

先日日経新聞に掲載された広告インパクトありましたよね。 義理チョコをやめよう
もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。 いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。 そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。 社内の人間関係を調整する日ではない。 だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。
日経新聞にしかのせてないのは経営者が読む新聞だからだとか。 そもそもセントバレンタインデーは海外では男女関係なくしたしい友人のい花を贈る日ですが、日本はチョコレート業界の陰謀で女性がチョコレートを送るという習慣に。 まさにここが変だよ日本人という感じになってますよね。 2月14日でチョコレートの年間商品販売の2割をしめるという日になっております。 まあ義理チョコが会社の潤滑油とはおもえないのですが、ゴディバの英断広告がかなりのウケを得る宣伝となったようですね。 やはり人のゆく裏に道あり花の山ということですね。 裏道で目立つようにしていきましょう


テレビはオリンピックだらけですが、個人的には盛り上がっておりません。
あまりにも煽りがドイヒーなので。

オリンピックって参加することに意義がある大会だとおもうし、国の代表だけでも凄いことだとおもうんですよね。そういう舞台で自己ベスト出すことが最大の価値であって、メダルは二の次だとおもうんですよ。

何かあったらメダルの話ばかり 冷静に評価するべきだとおもいます。


日本の予想はアテにしてないのでアメリカのスポーツ雑誌(Numberと提携してたはず)スポーツイラストレイテッドの予想を探してたら見つけました。





スポイラに注目しはじめたのはトリノ五輪で荒川静香さんを金メダル予想してたこと。
日本のメディアほぼノーマークだったはず。この辺で目が冷めた組です。(ゼイリブ)



今回のスポイラ予想による日本のメダル獲得数は「金」が3個、「銀」が4個、「銅」が7個の合計14個。



 金予想の3つはいずれも女子のスピードスケート。

スピードスケート
 小平奈緒(31、相澤病院)500メートル 1000メートルで2冠。
 高木美帆(23、日体大助手)1500メートル 金

 郷亜里砂(30、イヨテツク)500メートル 銅
 高木美帆(23、日体大助手)1000メートル 銀
 チームパシュート(高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃、高木菜那)銀

フィギュアスケート
 羽生結弦(23、ANA) 銀
 宇野昌磨(20、トヨタ自動車)銅


ノルディック複合
 渡部暁斗(29、北野建設)ラージヒル 銅

女子ジャンプ
 高梨沙羅(21、クラレ) 銅

フリースタイル男子モーグル
 堀島行真(20、中京大) 銅

スノーボード

 女子ビッグエア
 鬼塚雅(19、星野リゾート) 銀
 スロープスタイル
 
 岩渕麗楽(16、キララクエストスノーボードクラブ)銅
 男子スロープスタイル
 国武大晃(15,STANCER)銅


海外の覚めた目線なので参考にする価値はあるとおもいます。

プレッシャーにならないように生暖かい目で見守るつもりです。

いい意味でのサプライズも楽しみましょう!


「飲食をやっているなら、こういうときは人のためにやらないと」
数十年ぶりの福井豪雪で1晩で70センチ積もるくらいの大雪で 、国道8号の車両の立ち往生は2日以上に及んだときに沿道やトラックで食品を無償配布したことが話題になりました。







どうせ食材が痛むだけなら調理して配るという王将の店長判断はすごいですよね。 配送できないときはドライバー判断で配送品配布できるのか。

 阪神大震災の経験を活かした王将の店長のコメントがリフレインで叫んでます。


 「水道もでないのに、店長の発案で震災当日に無理やり店をあけて、ギョーザとかを出した。あのときのお客さんの顔は忘れられないんですよね。飲食をやっているなら、こういうときは人のためにやらないと」


いい話で勉強になりました。

先日で気になるアプリを見つけました。


インスタグラム投稿から探せるレストランサービスという感じ。 とにかく検索がし易いんですよね。 大阪であれば料理別に検索できそう。


IMG_1685


IMG_1686

写真はもちろんその店の投稿件数も見れるので 客観的にインスタ映えする店とか人気がわかるのでいろいろなマーケティングができる素晴らしいアプリでございます。 仕事の分析に使っていくつもりですわ。


ネット集客などのお問い合わせはこちら

サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/

いつも街を歩いてて唸ってしまうことがあります

飲食店に対する素朴な疑問でもあるんですが
店名の宣伝にはやっきになっているが
メニューの宣伝をしていない店がかなり多いと言うこと

大きな行灯は良くあるけど 何が売りがわからない

マクドナルドなら店名告知する意味もあるけど
街の店って味を覚えてから店名だと思うんですわ

今度できた瓦屋町のあのお店美味しいよね
これが最初のイメージのはず

その店を認知して貰うにはとにかく食べて貰わないと始まらないわけだ

どこでも昼のランチはある
POPでも 昼ランチ 780円 とかハンバーグ定食880円とか
黒板で書いてたり パウチにして貼ってる店って多いけど

その表記だけで知らない店に入れますか?

自分は業界経験者だし接客業も経験してるし
値段に厳しい人間なので特に目線がおかしいんですけど
メニュー写真の無い店は入りずらい

昔百貨店のファミリーレストランっていろんな意味で高い感じでしたけど
入り口にいわゆる食品サンプル有りましたよね
フォークが浮いてるスパゲティとかで心がときめいたもんです

あれで値段と大きさのバランスと判断して中で注文して
実物と見比べて一喜一憂するのも楽しみ

喫茶店でも今日のランチとかサンプルあったり 
実物おいてる場合は知らない店でも安心できて入りやすいもんです

500円ランチでも値段だけでは判断しにくい

そういう目線で明日街に出てみてください

大阪はサンプルや写真の紹介少ないですわ
メニューや金額のPOPは目に付くけど

そういう店に限って中が磨りガラスで見えなかかったり値段表示で中が見えない

ファミレスや屋台だと外から中が見えるので雰囲気わかりますよね
値段のバランスも判断できる

初めて行くことが多いフードコートでも
値段やメニューがわかりやすいのも同じ理由ですよね

まあ売上の低迷とか コストの関係でサンプル使うのは
難しいかもしれないが写真をいれたPOPって難しくないはず

その店の売りのメニューだけでも
ええんですけどねえ

パソコンまわり苦手な人多いから
やりたくてもできないかもしれませんが

そういう方がいらっしゃったら外野からの目線で相談に乗りますので、まずはお気軽にお問い合せ下さいませ



サンデボーテへのお問い合わせ
https://ws.formzu.net/fgen/S74205399/

↑このページのトップヘ